うさぎの日記

テレビドラマや映画の感想やネタバレ、芸能人の行きつけのお店を紹介するブログです!

ドラマ【陸王】第3話のあらすじと視聴率は15.0%!いつやるの?こはぜ屋にとって今しかなかった


f:id:dreams3359:20171107192818p:plain

飯山が「陸王」チームに加わった。山のような繭を持って新しい機械を動かしている。そこへ宮沢の息子・大地がやってくる。

第3話は、「世界に一つのシューズを息子に託して!」が放送されました。気になる視聴率は15.0%でした!あらすじを紹介します。

やりがいのある仕事とは

 

「こはぜ屋」の冨島玄三(志賀廣太郎)は、倒産させた会社の社長・飯山を雇うことに反対だった。銀行からお金を借りる段取りとつけることで納得してもらう。

 

いい加減な仕事をして検針もれなんてしたら、俺は許さんからな。

 

宮沢の息子・大地(山崎賢人)が遅れてきたことに怒っている。大地は友人と飲みに行く。友人のひとりが会社を辞めてしまった。

やりがいのない仕事を一生続けて行くことは、もしかしたら就職できない今よりずっと辛いことかもな。

不思議な靴ですね

 

宮沢は、大地に飯山の下で「シルクレイ」の開発をしてみないかとお願いする。

 

やってみてもいいけど。

 

飯山は、大地の筋のよさを気に入っていた。2年ぶりに「シルクレイ」が作られようとしていた。

茂木は、「陸王」を履いて走っていた。何となく走りやすさを感じていた。

 

不思議な靴ですね、靴に走らさせてるような。履き心地は悪くない。

 

全力で走るとなるとソールに無理があった。

初めての「陸王」の注文が入った

 

ランニングシューズのソールを作るためには、硬度55~60にしなければならない。でも、硬すぎて中々作れない。

アトランティス社は、50年近く研究をした結果が今あった。小さな会社が大きくなるためには、その覚悟が必要だった。

そんな頃に小学校から足袋の注文があった。宮沢はサンプルを持って学校まで行くことになる。

 

足袋のほうは、見送らせて頂きます。足袋ではなく陸王の方をお願いします。

 

陸王の採用が決まった。発注は1,200足、これは確かな実績になった。

実績を認めてもらえない

 

宮沢は、銀行に融資のお願いをしに行く。「陸王」の実績を認めてもらいたかった。宮沢は定期預金を取り崩すと言い出す。これは坂本からの知恵だった。

 

個人資産をどうしようと私の勝手だろ。

 

玄三は、定期預金の解約を反対する。先代の社長も同じことをした上で、莫大な借金を抱えていた。

 

何で止めてくれなかったんだ。

 

玄三は、先代の言葉が忘れられないでいた。

シルクレイの機械はポンコツ

 

宮沢の娘・茜は、アメリカ留学を考えていた。兄を見て普通に大学に行っても就職は難しいと考えていた。

 

300万?

 

大地のところに2次面接の結果の連絡が入った。次の段階に入るため、朝8時に本社に行くことになった。

「東和エレキ工業」の面接、大地は連日の深夜までの作業で遅刻してしまう。

 

もっと社会人としての自覚を持った方がいいんじゃないか。

 

大地は、飯山のところに行く。飯山は、もう一度プログラミングからやり直すと言う。そんな飯山のことが信じられなくなっていた。

 

こんな出来損ないの機械を持ってきたのは、あんただろ。

 

飯山は、大地に帰れと言ってしまう。

逃げて飲む酒はまずい!

 

大地は、酒を飲んで荒れていた。宮沢が声をかける。父親の考えも分からなくなってしまった。

宮沢は、温かいコーヒーを持って飯山のところに行く。砂糖とミルクは、大地が持ってゆく。飯山はひとりで作業をしていた。

 

あれが嘘をついている人間に見えるか?

 

大地は、飯山を手伝うことにする。宮沢は静かに見守った。

 

 

お前酒飲んできたろ、上手くなかっただろ。何かから逃げて飲む酒はまずいんだよ。

 

飯山は、ずっとそんな生活をしてきた。だからこそ大地のことが分かった。

シルクレイが完成した、これからだ

 

飯山は、冷めたコーヒーを飲んで感じた。コーヒーは、温度によって味が変わる。冷めると酸味が弱まるがコクが深まる。

 

それだ、繭を煮る温度だ。

 

それは、職人の勘だった。

宮沢は、茂木に会いに行く。「陸王」を履いてくれたお礼と何が悪いのか聞いてみる。

 

悪くない、そう思いました。あのソールでは、レース用としては厳しい。

 

陸王」は、新しいソールを開発している。「ケガをしにくいランニングシューズ」それが陸王だった。

 

もし本当にそんなシューズが出来るなら、履いてみたいですね。

 

茂木は約束してくれた。これは、大きな進歩だった。

飯山と大地は、95℃で繭を煮た。その結果、硬度55の「シルクレイ」が完成した。

 

待たせて悪かったな、社長がヒントをくれたお陰だ。

 

 

飯山さん、ありがとう。大地、よくやった。

 

もうすぐ新しい「陸王」が出来上がる。茂木は、レースで履いてくれるのか?