うさぎの日記

テレビドラマや映画の感想やネタバレ、芸能人の行きつけのお店を紹介するブログです!

ドラマ【ユニバーサル広告社】第1話のキャストあらすじ!沢村一樹と岡田惠和ひよっこコンビが伝えるもの


f:id:dreams3359:20171023130917p:plain

金曜8時ドラマ「ユニバーサル広告社~あなたの人生売り込みます~」がテレビ東京からスタートしました!

直木賞作家・荻原浩のユニバーサル広告社シリーズがドラマになりました。

コピーライター杉山利史

 

社員は、社長を含めて4人の小さな会社「ユニバーサル広告社」。

ディレクターコピーライター杉山利史(沢村一樹)、社長の石井健一郎(三宅裕司)、デザイナー村崎六郎(要潤)、経理・猪熊エリカ(片瀬那奈)の4人。

2009年(8年前)、杉山は博王堂広告社に勤めていた。やり手のコピーライターだった杉山は、ケンカ騒ぎを起こして辞めてしまう。

働き先はいくらでもあると自信があった。だが、どこへ行っても相手にされない。ある日、飲み屋で知り合った石井に救われる。

 

お願いします。働きたいんです。仕事がしたいんです。

 

シャッターだらけの「さくら通り商店街」

「さくら通り商店街」の一角に事務所を構えることになりました。家賃2万5000円の安さに惹かれて引っ越しをしました。

杉山は、商店街を歩くがシャッターが閉まっているお店ばかりだった。やっと見つけた「ジュルビアン」でテイクアウトをお願いします。

「ジュルビアン」は、店主・藤沢宏(でんでん)と藤沢さくら(和久井映見)のふたりで営業しています。

 

簡単に言うとエビピラフかナポリタン。

 

 

エビピラフを4つ。

 

やるしかない!

 

一の瀬始は、実家の本屋を改装してカフェをオープンしました。客足が悪く閉店休業中、食事は「ジュルビアン」でしています。

城田光は、雑貨屋をしていた両親が死んだあとオークションで生計を立てていました。「ジュルビアン」で食事をしています。

ユニバーサル広告社では、鶴亀会館の広告を手がけていた。それを変更して欲しいという依頼が入りました。

 

古い結婚式場は、若い人の初婚を追いかけてもダメだ。熟年婚とかシニア婚にターゲットを絞れって。

 

締め切りは今日まで、やるしかない!

可愛く華やかがいいな

 

杉山は、キャッチコピーを考える。広告に合うデザインを考えるのは、村崎の仕事でした。猪熊はデータを集める役目がありました。

 

こういう式だったらあげてみたいと思う安心感がある感じ。

 

さくらは杉山を見て思います。本物だね。

広告の作業は夜までかかりました。さくらは「ジュルビアン」に戻って、おにぎりを作ってあげることにします。

 

おい、何やってるんだ。

 

 

いいの、ほっといて。本物なの、あの人たちは。人を騙したりしない。

 

さくらの目には涙が光っています。

 

おにぎり持ってきました。

 

 

こんなのすぐに出来るわけねーだろ。

 

村崎はイラついていました。さくらの嬉しそうな姿に杉山は、不思議に思いました。

 

さくらさん独身ですか?結婚は?結婚はしたいですか?

 

 

ステキな人が現れたら、したいです。

 

 

結婚式はしたいですか?

 

 

この歳だから、あんまり派手なのは。でも、遠慮して地味なの何か嫌だし。可愛く華やかがいいな。

 

さくらの意見は、みんなの迷っていた気持ちをひとつにすることが出来ました。

ここで結婚します

 

鶴亀会館の広告コピーが出来上がりました。

人生の花は、いつ咲いても美しい。私たちは、可愛く華やかな大人婚を応援します。鶴亀会館

 

 

さくらさん、ここで結婚式したいですか?

 

 何で?何でこんなことが出来るの?何で?はい、ここでします。

 

 すごいですね、広告の仕事って。

 

 

さくらさんのお陰です。

 

 

すごい、本物だね。

 

「ユニバーサル広告社」の広告は採用されました。さくらは、本当に嬉しいと思っていました。