うさぎの日記

テレビドラマや映画の感想やネタバレ、芸能人の行きつけのお店を紹介するブログです!

秋ドラマ【陸王】キャストとあらすじ!実在の会社がモデル池井戸潤の作品に期待が高まる


f:id:dreams3359:20171001212613p:plain

TBS日曜劇場は、池井戸潤が原作の「陸王」が登場!2017年10月の秋ドラマがスタートします。

10月15日(日)夜9時からTBSから放送が始まります。

どん底の足袋業者が抱いた夢は、「ランニングシューズの開発」だった。再起を賭けた老舗企業の熱き物語がスタートする。

ドラマ「陸王」の基本情報

 

放送開始日:10月15日(日)夜9時~

放送局:TBS系

原作:池井戸潤「陸王」(集英社 刊)

脚本:八津弘幸

プロデューサー:伊與田英徳(「半沢直樹」「下町ロケット」) 飯田和孝

演出:福澤克雄、ほか。

 

ドラマ「陸王」豪華キャスト

役所広司(役:宮沢紘一)

f:id:dreams3359:20171001210649p:plain

宮沢紘一は、創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長です。主人公の宮沢紘一を役所広司が演じる。

役所広司は、今回TBS連続ドラマへの出演が、1997年7月クールに放送された『オトナの男』以来実に20年ぶりになります。

足袋製造でこれまで培った技術が活かせる、“裸足感覚”を追求したランニングシューズの開発を始める。

 

山﨑賢人(役:宮沢大地)

f:id:dreams3359:20171001211327p:plain

 宮沢大地は、就職活動中の紘一の息子。就職が決まるまで家業を手伝っている。今どき足袋作ってる会社で働くより100倍ましだ!

紘一が考えた「ランニングシューズ」の開発を鼻で笑う。

“足袋屋にランニングシューズなんて出来るわけないだろ”、父親のすることを作れないと否定する。

 

竹内涼真(役:茂木裕人)

f:id:dreams3359:20171001212230p:plain

茂木裕人は、「ダイワ食品」陸上競技部ランナー。ケガをしてしまい、膝を痛めてしまう。「こはぜ屋」のランニングシューズに出会い再起をかける。

 

寺尾 聰(役:飯山晴之):「飯山産業」の元社長。

キムラ緑子(役:飯山素子):飯山の妻。

音尾琢真(役:城戸明宏):「ダイワ食品」陸上競技部の監督。

志賀廣太郎(役:富島玄三):「こはぜ屋」の経理担当。

光石 研(役:有村融):スポーツショップの経営者。

風間俊介(役:坂本太郎):「埼玉中央銀行行田市店」融資課の銀行員。

馬場徹(役:大橋浩):「埼玉中央銀行行田市店」融資課長。

桂雀々(役:家長亨):「埼玉中央銀行行田市店」の支店長。

阿川佐和子(役:正岡あけみ):「こはぜ屋」の縫製課リーダー。

ドラマ「陸王」あらすじ

勝利を、信じろ――。足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。埼玉県行田市にある「こはぜ屋」は、百年の歴史を有する老舗足袋業者だ。

といっても、その実態は従業員二十名の零細企業で、業績はジリ貧。社長の宮沢は、銀行から融資を引き出すのにも苦労する日々を送っていた。

f:id:dreams3359:20171001215719p:plain

そんなある日、宮沢はふとしたことから新たな事業計画を思いつく。長年培ってきた足袋業者のノウハウを生かしたランニングシューズを開発してはどうか。

社内にプロジェクトチームを立ち上げ、開発に着手する宮沢。しかし、その前には様々な障壁が立ちはだかる。

資金難、素材探し、困難を極めるソール(靴底)開発、大手シューズメーカーの妨害――。チームワーク、ものづくりへの情熱、そして仲間との熱い結びつきで難局に立ち向かっていく零細企業・こはぜ屋。はたして、彼らに未来はあるのか?