うさぎの日記

テレビドラマや映画の感想やネタバレ、芸能人の行きつけのお店を紹介するブログです!

朝ドラ【ひよっこ】第141話のあらすじと視聴率!時子(佐久間由衣)の女の子解放宣言に涙が出たファン続出!


f:id:dreams3359:20170913121140p:plain

みね子たちは、時子のためにリハーサルをすることになった。あかね坂の住民みんなでステージを作る。

第141話は、時子がステージで自己アピールをする。

朝ドラ「ひよっこ」第141話 視聴率

第24週「真っ赤なハートを君に」第141話が9月13日水曜日に放送されました。気になる視聴率は発表され次第報告します。

第141話 あらすじ(9/13放送)

「ツィッギーそっくりコンテスト」の前日にリハーサルをすることになった。あかね坂の住人たちでステージを作る。

力仕事をした男たちは見ることができない。マンガ家たちは、みね子をモデルに漫画を描いていることを話す。

省吾と元治は、あまりにも似ていない自分の顔に不満だらけだった。

あかね坂の住民たちのほかに乙女寮の仲間、由香、邦子、さおりまでが応援にくる。

安江たち夫婦は、養子を迎えることを決める。女の子がいい、女の子が好きなの。由香のようなカワイイ女の子がいい。

乙女寮の仲間・豊子は、仕事の愚痴を早苗に聞いてもらう。早苗は負けるなと励ます。

 

  負けるな。

 

 

 

ありがとうございます先輩。 

 

 幸子の夫はウィーンに行っている。若い芸術家をヨーロッパで学ばせる仕事をしていたからだった。愛子は心配している。

  

寂しいね。

 

澄子は祖父を東京に引き取ること決めていた。祖父は澄子と一緒にいたいと望んでいた。

三男の働く米屋の娘・さおりは、ライバルでもある時子のために駆け付けた。男たちはみんなで歌い出す。そして時子はステージに立つ。

時子のショートカットの髪の毛とスタイルの良さは、ツィッギーを思わせる。みね子は東京の就職が決まった日を思い出していた。

 

助川時子です。日本中のいや世界中の女の子たち、女性たち。いろいと大変だよね。女として生きてゆくのは。

でも、でも、女の子の未来は私に任せて、みんな私について来て。

 

これからは、女性もかっこよく生きる時代になるのだ。

第141話 感想(9/13放送)