うさぎの日記

テレビドラマや映画の感想やネタバレ、芸能人の行きつけのお店を紹介するブログです!

【コード・ブルー3】第9話あらすじと視聴率! エースはわがままで自分勝手でいい楽な道を選ぶな!


スポンサードリンク

f:id:dreams3359:20170719112522j:plain

緋山は緒方とうまく行っていた。橘の息子・祐輔は弱音を吐くようになっていた。タイムリミットは近づいていた。

第9話は、「運命の1時間」が9月11日に放送された。気になる視聴率は13.9%でした。

見逃してしまった人はこちらから⇒まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

フェローの成長

 車いすラグビーの選手が救命に運ばれてくる。ハーフタイムのウォーミングアップ中の事故だった。

救命には同時に3人の患者が運ばれてくる。無事にICUに運ぶことができた。数ヵ月前には1人しか助けられなかった。白石のチームは確実に成長していた。

1秒で出来ることなんかたかが知れている。でもそれを3600コ積み重ねると1時間になる。1時間あると何が起きるか?

 

緋山の未来は

 緋山は周産期医療センターの指導医から連絡が入る。医局長として戻ってこないか?と誘われる。白石は応援してくれている。

その1時間はときに人生すら変える。人生を左右する1時間、それはいつだって私たちに不意打ちで私たち衝撃を与える。

名取の決断

 名取の父親がやってくる。針刺し事故のことで名誉を傷つけられることを嫌ったのだ。息子の失態をかばいきれない、側にいろと言い出す。

 

祐輔の移植

 移植ネットワークから14歳の臓器提供の連絡があった。リストのトップは祐輔だった。やっと移植ができる。だが、祐輔は移植したくないと言い出す。

移植ネットワークには1時間以内に連絡をしなければならない。

そしてその1時間は必ずしも幸せを運んでくるとは限らない。

 

 

お父さんお母さんごめんね。心臓はいらない移植は受けない。

 

祐輔は父親が大好きだった。自分が病気になることで変わってしまった父親の姿を見たくない。それが理由だった。

 

お父さんは他の子どもが死ぬのを待つようになった。僕が死ねばお父さんは元のお父さんに戻れる。僕は移植を受けない。

 

橘は返す言葉がなかった。

14年前の事故で死ぬことは決まっていた

 

両角孝平は14年前の事故で頭蓋骨を骨折していた。藍沢はSSSからの出血を疑っていた。その直後、両角が急変する。

藍沢と新海の処置が行われる。SSSは一度出血すると止めるのは不可能に近い。両角は亡くなってしまう。

 

必要以上に責任を感じる必要はない。医者に出来ることは限られている。

 

 

藍沢は白石を励ました。

その言葉、理解するのはお前だろ。患者のことで必要以上に責任を感じているのは誰だ。

新海もまた藍沢に釘をさす。

祐輔に生きていて欲しい

 

橘は迷っていた。祐輔の気持ちも分かるからだ。移植後も厳しい治療はずっと続く、人の命をもらうという責任もあった。

 

何に行ってるんですか?親が子どもを信じなくてどうするんですか?

患者が怖くてどうしようもなかった私に行ってくれたんです。逃げるな、オペをしろって。あのとき立花先生は私以上に私を信じてくれました。

祐輔くんは、いずれ必ず理解します。立花先生の気持ちを。

 

橘は井上に連絡する。移植の決断をしたのだった。

 

俺がそう決めた。

 

橘は祐輔を強引にヘリののせる。

 

嬉しかった祐輔がお父さんのこと大好きだって言ってくれて。お父さん嫌われてもいいんだ。祐輔が生きていてくれるなら。それでいいんだ。

 

好きな女の夢を奪いたくない

 

緋山がいなくなるならここに未練はない!名取の気持ちは決まっていた。

 

 

 

行くんですよね周産期医療センター ?

 

 

行く。

 

緋山は緒方と話をする。緒方は好きな女の夢を奪いたくない。障害のある自分と一緒にいても幸せにはなれない。

 

いずれ緋山先生は、俺と一緒にいる時間が楽しくなくなる。もったいないって思うようになる。

 

 

私がどう思うなんて分からないでしょ。

 

 

分からない、でももしそうなったら俺が耐えられないんだよ。

 

緒方は緋山との別れを決意した。

エーズはわがままで自分勝手でいい

 

車いすラグビーの選手たちが集まっていた。

 

エースていうのは、わがままで自分勝手でいいんだ。とがり続けるというのも精神的にも肉体的にもきつい!だから大抵人間は丸くなるんだ。

 

チームに貢献して欲しい。そう願うことが両角を追い込んだ。

藍沢はトロント行きを断った。奏さんことでトロント行きを断るのは違う、白石は心配だった。

 

このまま俺だけが夢を追うことは出来ない。

 

 

 

藍沢先生ってそんなだった?誰よりもいい医者になる。そのためは回りとの摩擦も厭わない、そこに私たちは憧れた。

何かのせいにして楽な道を選んだりしないで欲しい。

 

 

数ヵ月前は、このチームでやっていけるかと悩んだ。今はこのチームでやっていきたいと強く思う。だけど、ほんの1時間で私の大好きなチームはバラバラになってしまった。
 
地下鉄の開通前に事故が起こる。一般の客が地下鉄内を歩いて見学するイベントがあった。そこで崩落事故が起こったのだ。
参加者は300人を超えていた。藍沢は処置をしていると液体がこぼれてくる。その直後、2次災害に巻き込まれてしまう。
 
私の大好きなチームはバラバラになってしまった。

 

 見逃してしまった人はこちらから⇒まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」