うさぎの日記

テレビドラマや映画の感想やネタバレ、芸能人の行きつけのお店を紹介するブログです!

朝ドラ【ひよっこ】第138話のあらすじと視聴率!由香がやっと素直になれた視聴者の祝福が止まらない!


スポンサードリンク

f:id:dreams3359:20170909163736p:plain

みね子(有村架純)は、世津子(菅野美穂)を助けたことを美代子(木村佳乃)に手紙で伝えた。美代子の気持ちを考えると不安だった。

しかし、美代子はそんなに“やわな女”ではなかった。

第138話は、実が新しく花を作ろうとしていた。

朝ドラ「ひよっこ」第138話 視聴率

第23週「乙女たちに花束を」第138話が9月9日土曜日に放送されました。気になる視聴率は20.0%でした。

第138話 あらすじ(9/9放送)

奥茨城では、宗男が新しい仕事の話を持ってきた。それは花の栽培だった。この辺りの気候ではシクラメン・コスモス・チューリップが作れる。

東京では花が咲く場所が減っている。そこに需要があると言う。花は生きるための象徴のようなものだ。

 

花は平和の象徴でもある。楽しく生きるってことの省庁でもある。これからは女の人が自由に好きなモノを買う時代がくる。

 

 実は新しいことがやりたかった。今の生活を変えたかったのだ。

滋子は、花で成功している人を訪ねていた。日立に住むちょっと変わった人、宗男のビートルズのレコードをあげたのだ。

宗男はショックを隠せない。ビートルズのレコードは、宗男にとって大切なモノだった。

柏木堂に鈴子と省吾がやってくる。由香に会いに来たのだ。

 

由香、ゆっくりでいいんだけど無くしたモノ取り戻さないか俺たち。なっ。

 

 

鈴子さんと買い物に行きたい。

 

鈴子は頷く。

 

お父さんと映画見に行きたい。

 

 

行こう。

 

 

うん。

 

 

いっちゃん、あんた由香がココに来てること私に内緒にしてたわけ?

 

 

そうだよ。

 

 

だってさ。

 

 

そうだよね、言うよね。むしろ言ってって意味だよ。

 

 由香は泣いてしまう。やっと見つけてもらえた、由香は嬉しかった。

すずふり亭では新メニューを出すことに決まった。それを元治とヒデで考えることになった。

みね子の制服も作ることになる。みね子自身がデザインを考えることになった。

第138話 感想(9/9放送)