うさぎの日記

テレビドラマや映画の感想やネタバレ、芸能人の行きつけのお店を紹介するブログです!

朝ドラ【ひよっこ】第137話のあらすじと視聴率!マンガ家のふたり祐二(浅香航大)啓輔(岡山天音)が話題に!


 

f:id:dreams3359:20170909000156p:plain

川本世津子は、あかね荘に住むことになった。あかね坂のメンバーに歓迎会をしてもらい嬉しそうにしている。

第137話は、世津子のあかね荘での生活が始まった。

 

朝ドラ「ひよっこ」第137話 視聴率

第23週「乙女たちに花束を」第137話が9月8日金曜日に放送されました。気になる視聴率は21.6%でした。

第137話 あらすじ(9/8放送)

 世津子は自分を受け入れてくれるか不安だった。みね子に嫌な思いをさせたという気持ちがあったからだ。

 

 嫌じゃないですか?みね子ちゃん酷い目に合わせた人だし。

 

 

 

そんなこと誰も思ってないし、だってみね子が自分で連れて来たんでしょ?あなたを。みね子は何て?

 

無しにしたいんだって言ってました。谷田部実さんに起きた悲しい事を無しにしたい。そのためには私が幸せじゃないとダメなんだって。

 

 

そうですか?

 

 

無しにする。そんなこと考えてたんだみね子。

 

 

じゃあ幸せにならなきゃね。

 

 

はい。

 

 

そうだよね。悲しいことは自分の手で無しにするしかないね。

 

 

うん。

 

世津子は、愛子の部屋に泊まることになった。みね子は世津子の楽しそうにしている姿が嬉しかった。

 

楽しそうな顔してたな、世津子さん。

 

 

そうでしたね、すんごい笑ってた。

 

あかね荘のみんなは、みね子が変わったことに気付いていた。

 

みね子、最近ちょっと変わったなみね子は。

 

 

今日はみんなで雑魚寝をすることになった。世津子は何も持たずに来てしまった。愛子はパジャマを貸す。

みね子は寝相が悪い、早苗は微動だにせずに寝る。愛子は寝歌をうたう。それぞれが癖があった。

餃子を食べた後にニンニクくさいみんな、慌てて歯磨きをする。まるで修学旅行のようである。

みね子は自分でも自分のしたことに驚いている。誰かの幸せは、いろんな所に繋がってゆく。

マンガ家のふたりは、みね子とヒデがひょっとするかもと思っている。マンガに書こうとしていた。

その日の夜、世津子は窓の外を見ていた。みんなが寝ているそばで切なそうにしている。

みね子のことが週刊誌にのった。“お手伝い風の中年女性と・・・”みね子は中年扱いされたことに怒っている。

第137話 感想(9/8放送)