うさぎの日記

テレビドラマや映画の感想やネタバレ、芸能人の行きつけのお店を紹介するブログです!

朝ドラ【ひよっこ】第135話のあらすじと視聴率!真田丸の名シーン復活「おのおの抜がりなく」が話題!


f:id:dreams3359:20170906204759p:plain

みね子(有村架純)は、川本世津子(菅野美穂)の家まで行ってきた。世津子の家の前には週刊誌の記者たちでいっぱいだった。

第135話は、みね子が何とか世津子を連れ出そうとする。でもどうしたらいいのか分からにヒデ(磯村優斗)に相談するところからスタートする。

 

朝ドラ「ひよっこ」第135話 視聴率

第23週「乙女たちに花束を」第135話が9月6日水曜日に放送されました。気になる視聴率は22.9%でした。

第135話 あらすじ(9/6放送)

ヒデは川本世津子の今の状況を知っていた。元治(やついいちろう)が週刊誌が好きでよく見ているのだ。みね子はヒデに相談する。

 

相談にのってもらえます?

 

どうやって連れ出したらいいのだろう。

川本世津子は、埼玉県の大山田にある農家の長女として誕生した。5歳のときに両親が亡くなる。

東京で牛乳店を営む叔父夫婦に引き取られます。6歳の世津子は、学校にも行かず家の手伝いをしました。

映画の撮影所で牛乳販売をするのが世津子の仕事だった。映画の監督やスタッフと仲良くなって皆に可愛がられます。

ある日、監督から“映画に出てみない”そう言われます。初出演・初主演の「希望白い道」が大ヒットします。

そこからスター街道を歩きます。その稼いだお金は育ての親である伯父夫婦に渡りました。それが夫婦を狂わせてしまいました。

贅沢三昧・ギャンブルついに借金まで作ってしまいます。そのたびに世津子を頼ってきました。

 

帰って下さい。私を頼らないでください。

 

怒った叔父夫婦は、週刊誌に在らぬ噂を売り込みます。世津子は事務所を辞めてしまいます。

ヒデは昔見た映画を思い出します。敵に囲まれて絶対絶命の状況のとき、アイスクリームやさんが来る。そのすきに連れ出す。

そこにハスハル(古館佑太郎)がやってくる。柏木堂では、和菓子の移動販売をしようと思ったことがあります。

ヒデは週刊誌の記者のふりをします。みね子はオムライスの出前を届けに来ます。

 

 

すいません出前お待たせしました。美味しいオムライス持ってきましたよ。川本さん、いらっしゃいますか?開けてください。

 

世津子はドアを開けます。

みね子ちゃん、どうしたの?

こご出ましょう。私のとこ行きましょう。こんなとこにひとりでいじゃダメです。ねぇ行きましょう。 

どうして? 

世津子さんには幸せでいてもらわないと困るんです。でないとお父ちゃんに起こった悲しい出来事がなしにならない。

私はなしにしたいんです。行きましょう。

そこへヤスハルの移動販売がやってくる。

 

いぐよ。 

うん。うん。

ヒデが週刊誌の記者たちを動かないようにして、みね子は世津子と家を出る。

世津子は一人ぼっちでいた。その気持ちを考えると切なくて苦しくなる。みね子の優しさがしみた。

第135話 感想(9/6放送)