うさぎの日記

テレビドラマや映画の感想やネタバレ、芸能人の行きつけのお店を紹介するブログです!

朝ドラ【ひよっこ】第133話のあらすじと視聴率!みね子とヒデの想いが交差する瞬間、お節介でもいい!


スポンサードリンク

f:id:dreams3359:20170905194449p:plain

みね子は、すずふり亭の手伝いに由香を呼んだ。省吾は元気そうな娘を見て嬉しそうだった。鈴子は複雑だった。

第133話は、すずふり亭を由香が手伝うところからスタートする。

朝ドラ「ひよっこ」第133話 視聴率

第23週「乙女たちに花束を」第133話が9月4日月曜日に放送されました。気になる視聴率は21.5%でした。

第133話 あらすじ(9/4放送)

鈴子を富と一緒に通夜に行かせるためには手伝いが必要だった。みね子は由香を連れてくる。

みね子は、省吾に料理を出すタイミングを遅くしてもらう。省吾と鈴子に会った由香は泣きそうになる。

 

たとえお節介でも今はやっちゃえって思える。みね子は、ヒデの言葉に感謝していた。

 

もうちょっと自分の気持ちを大切にしたらどうかな。 

人は何かに突き動かられるようになる瞬間がある。それは身近にいる大切な人のひと言だったりする。 

時子はコンテストの準備をしている。早苗はスティックを握っている。愛子は片思いを卒業しようとしている。

富は鈴子の姿を見て驚く。

 

一緒に行くよ。ひとりで行かせられないよ。

 

 

ありがとうお店は?

 

 

いいの。いいの。

 

鈴子が涙ぐんでいる。

由香が着替えてきた。エプロンをした由香は可愛らしい。すずふり亭は鈴子なしで開店した。

省吾は由香がお店にいることが嬉しい。つい大きな声を出してしまう。由香もまた嬉しそうだ。

みね子は川本世津子ののった週刊誌を買っていた。何があったのか心配でたまらないのだ。

世津子さんいったいどうしてしまったのでしょうか?私にできることはないのでしょうか?

第133話 感想(9/4放送)