うさぎの日記

テレビドラマや映画の感想やネタバレ、芸能人の行きつけのお店を紹介するブログです!

【コード・ブルー3】第8話あらすじと視聴率! Hey!Say!JUMP有岡大貴が迫真の演技、緋山の運命は


f:id:dreams3359:20170719094537j:plainホームから転落してケガをした灰谷が復活した。転落事故の原因は、睡眠薬を飲んで駅でふらついたからだと言う。白石や緋山は納得していない。

 

第7話は、「孤独な夜」が8月28日に放送された。気になる視聴率は15.4%だった。名取役のHey!Say!JUMP有岡大貴が迫真の演技を見せた回だった。

 

見逃してしまった方はコチラから⇒まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

慎重な灰谷の判断

鉄棒から落下して胸を打った患者が外来にやって来る。川田慎一は、腹部の痛みを訴えている。

灰谷は、どうしても気になって藍沢に指示を求める。1日入院して様子を見ることになる。

奏の想い

奏は、藍沢が自分の手術をしてくれなかったことへの不満があった。あの時に藍沢が助けた患者のことを気にしている。

リハビリをするも回復の兆しはなかった。オセロをひっくり返すことも、紙コップを持つ手も震えていた。

成田空港で感染患者

成田空港で40代男性が倒れた。ドクターヘリの要請が入って、向かったのは緋山と名取だった。

名取がラインをとるときに患者が反応してしまう。針が緋山の小指に刺さってしまう。患者はどこから帰って来たのか?感染では?

緋山は、白石のお節介にイラついていた。白石が心配したところで灰谷が変わるわけではなかった。

 

医者は大抵友達がいない。会えるのは患者か医療関係者だけ、そもそも友達って必要?毎日が過酷過ぎて自分のことで精一杯、誰かと時間を過ごす余裕なんてない!

 

堀内豪は、ジャーナリストで西アフリカから帰国したところだった。堀内の血液は感染研究センターに送られる。緋山の血液も送られる。

その直後、堀内が亡くなる。緋山は、感染している恐れがあるため隔離される。

 B-08

灰谷は慎一の腹痛の原因が分からないでいた。やっぱり仮病なのか?藍沢に相談する。

 

検査は何か発見ができる場合にだけ意味があるんじゃない。何もないと証明できれば患者は安心して家に帰れる。気なったら答えが出るまでやれ。

 

 

緒方は緋山を探している。待ち合わせをしているのに来ないのだ。名取は緋山の居場所を教えてしまう。B-08隔離病室の名前だった。

スタッフリーダー

 

白石と緋山はフェローの指導について揉めていた。橘に聞いてもらう。自分よりも藍沢や緋山の方がリーダーに向いているのではないか?

橘もスタッフリーダーを選ぶときに迷っていた。緋山に相談すると“白石以外にいない”そう答えた。

 

私や藍沢はタフと言うより自分勝手なだけだ。決断力があるように見えるのは人のことを考えずに自分のことだけを考えるからだって。

自分のことを後回しにしてスタッフの悩みや苦労に耳を傾けられる白石みたいに人間がリーダーに相応しい。

 

緋山は橘に言い切った。そして白石はスタッフリーダーになった。

俺が側にいてやる

エボラ熱に感染かも知れない、致死率80%緋山は悩んでいた。緋山の病室に緒方がやって来る。

 

ばかなの?聞いてた?致死率80%なんだよ。死にたいの?

 

 

それもありかなっておもちゃってさ。緋山先生と一緒ならそれもありかなって。俺が側にいてやるよ。

 

 

怖くないの?

 

 

 

怖いよ。こんな体になっても生きていたいと思うし。

 

 

じゃあどうしてよ。

 

 

怖いだろうなって思うから、緋山先生は俺よりずっと怖いはずだ。だけどそうは言わない。針を刺したのが可愛がっている後輩だから。

 

 緒方は自分が不安だった時に緋山が側にいてくれた。だからそのお返しがしたいのだ。誰がが側にいてくれる、それだけで不安は半分になる。

フェローの成長

 

白石は緋山の病室にやってくる。

 

大丈夫、緋山先生は必ずウチに帰ってくる。

 

 

何よ急に、調子のいい励まし。部屋見つかったっていったでしょ。

 

 

でも、寂しっかった少し。結構寂しかった。昨日誰もいない家に帰って気付いた。部屋を貸して救われていたのは私の方だった。

責任が重い仕事も続いたし、そんな時誰かに話を聞いてもらいたいって思う、その相手は緋山先生がいい。

緋山は不安のために白石に八つ当たりしてしまった。白石に頼られたことが嬉しかった。

ドクターヘリで腹痛を訴えた患者が搬送される。トリプルエーと診断される。藍沢と藤川がオペに入る。

慎一が不空内出血のため急変する。動脈瘤が破裂したためだった。もって10分、フェローたちに判断が委ねられる。灰谷は不安だった。

 

僕らだけじゃ無理だ。

 

 

今死ぬよりよくない?もう自分のせいで誰かが死ぬのはイヤなんでしょ?

 

 

分かった、

 

名取はカットダウンする。そこへ藍沢と白石が来る。

 

よくやった。灰谷は慎一くんの痛みの原因を注意深く観察した。だから異変に迅速に対応できた。

横峯のラバーの発想は患者が助かる可能性を見出した。名取にはカットダウンのスキルがあった。

レボアの挿入に成功し、俺たちがくるまで命を繋ぐことができた。お前たちは全員、動脈塞栓ひとつ満足に出来ない半人前だ。

だが、3人揃うことで12歳の子供の命を救った。お前たちをダメだと言ってるんじゃない。救命はチームだと言ってるんだ。

 

フェロー達は成長していた。緋山はそれを見ることが出来ない。

緋山らしい励まし

 

緋山の感染結果がでた。すべての項目は陰性-感染なしだった。名取は自分のせいと悩んでいた。

 

子どもはよくケガをするけど、その分治りも早い。それは何度もケガをすることで痛みを知るためだって。

それで他人の痛みも理解できるようになる。だから、治るケガならたくさんした方がいいって。

あんたは駆け出しの医者、そしてこれは治るケガ、だから気にしなくていい。

 

名取は泣いてしまう。

 

緋山先生、死ななくてよかった。

緋山らしい励まだった。

堀内が死んだ原因は、毒ヘビに噛まれたことだった。緋山は引っ越しをやめる。白石と一緒にいることを選んだのだ。

たしかに休日に一緒に買い物や旅行に行くような友だちはいない。けれど仲間はいる。決してなれ合いではなく、かと言って敵でもない。
長い年月と体験の共有、成功体験はもちろん辛い体験、悲しい体験恥ずかしい部分も含めてお互いをさらけ出す。そんな時間を経て初めて私たちは仲間になる。
でもごくまれに時間を必要とせずに仲間になれる相手もいる。生まれながらに通じ合える相手、そんな人間に出会えた人はとても幸運だと思う。
だけど、せっかく出会えた相手とちょっとしたボタンの掛け違いで傷つけあうことになってしまったら。運命は残酷だ。
 
新海は藍沢を出し抜こうとして自分だけで奏のオペに踏み切った。医者の傲慢さに14歳の少女を巻き込んだのだ。それは許されることではなかった。

 

entame-news.hatenablog.com