うさぎの日記

テレビドラマや映画の感想やネタバレ、芸能人の行きつけのお店を紹介するブログです!

朝ドラ【ひよっこ】第125話のあらすじと視聴率!実は大丈夫、世津子(菅野美穂)の涙目が切なかった


スポンサードリンク

f:id:dreams3359:20170829132858p:plain

みね子(有村架純)は、テレビ局に出前を届けに来ていた。そこには川本世津子(菅野美穂)の姿があった。ヒデは素直になるように言い出す。

第125話は、テレビ局からスタート。世津子に会って動揺を隠せない、みね子だった。

朝ドラ「ひよっこ」第125話 視聴率

第21週「ミニスカートの風が吹く」第125話が8月25日金曜日に放送されました。気になる視聴率は22.0でした。

第125話 あらすじ(8/25放送)

みね子とヒデは、テレビ局に出前を届けに来ていた。そこには川本世津子の姿があった。みね子は世津子に会いたかった。

みね子は、自分の気持ちより他人の思いを考えてしまう。でもそれは、いつも自分の気持ちを押し殺してしまう。

時には開放して自分の気持ちを大切にすることも大事だ。ヒデは、そんなみね子の背中を押してあげる。

 

気になるんだろう。みね子は、あの人のこと嫌いなわけじゃない。でもお母さんとお父さんに悪いと思うから声がかけられない。

たまにはやめてみたら。もうちょっと自分の気持ちを大切にしてみたら。

 

ありがとうございます。行って来ます。

 

みね子は、世津子に会う。世津子は驚いている。

奥茨城に帰った父親の話をする。実の話を聞いて、涙ぐむ世津子だった。そんな世津子をみね子は心配した。

 

大丈夫にするしかないから。

 

 

 世津子は小学校をちゃんと行っていなかった。だから漢字が書けないのだ。台本の漢字には、よみがなをふっていた。

みね子は、時子の話をする。ミニスカートのブームは、すらっとしている時子には似合う。他愛のない話が世津子を癒していった。

第125話 感想(8/25放送)

entame-news.hatenablog.com