うさぎの日記

テレビドラマや映画の感想やネタバレ、芸能人の行きつけのお店を紹介するブログです!

朝ドラ【ひよっこ】第123話のあらすじと視聴率!女性が自由になれる時代、ヒデの謎の2日間とは


スポンサードリンク

 

f:id:dreams3359:20170829115522p:plain

みね子は、マンガ家の編集者に言われてしまう。地味で盛り上がりに欠ける。何もない自分が嫌になっていた。

第123話は、みね子は自信を失いかけている。そんなヒデがみね子の良さを話す。

朝ドラ「ひよっこ」第123話 視聴率

 

第21週「ミニスカートの風が吹く」第122話が8月23日水曜日に放送されました。気になる視聴率は21.5%でした。

第123話 あらすじ(8/23放送)

みね子とヒデはタマネギの皮をむいている。仕込みの手伝いをしている。

 

あのさ、俺はみね子の仕事ぶり好きだよ。一緒に働いていて楽しいし。今自分でも楽しくない?

 

 

楽しいです。

 

 

自信持てよ。自分のしていることに。人と比べるのはやめようよ。

 

ヒデは、父親を早くに無くしている。母親は保険の仕事をして3人の子供を育ててくれていた。

欲しいものが買えないことを悔しくて、母親に言うと姉に叱られた話をする。その時に言われた言葉を大切にしている。

人と比べるなんてサイテー!人と比べることは男としてカッコ悪いと感じたのだ。

 

俺は、みね子が自信もって働いてるのカッコいいと思うけどな。

 

みね子は、嬉しくて涙がでてきた。

ヒデが1日だけ休みが欲しいと言い出す。理由は言えないと言う。

1967年(昭和42年)の夏、ミニスカートブームがやってくる。ツイッギーが“スレンダーで活動的”という新しい女性像を作り出した。

奥茨城にいる美代子は、東京に出す洋服の内職をしていた。ミニスカートのブームと共に作っていたのだ。

ある日、出来上がったワンピースを試着してみる。畑仕事から帰ってきたみんなに見られてしまう。

宗男は、ミニスカートは女性の解放を意味していると言い出す。今まで、はしたないとか女のくせにと縛られていた女性が解放される。

女性が自由になってもいい、そんな時代に突入していた。実は、そんな時代に家に縛られている娘のことを思っていた。

第123話 感想(8/23放送)

 

entame-news.hatenablog.com