うさぎの日記

テレビドラマや映画の感想やネタバレ、芸能人の行きつけのお店を紹介するブログです!

【黒川の手帖】第3話あらすじと視聴率!元子は銀座で一番のママになる、それはお金に勝つことを意味していた


スポンサードリンク

f:id:dreams3359:20170816172022j:plain

松本清張の名作「黒川の手帖」は、武井咲が主演で放送されている。元銀行員の原口元子は、銀行のお金を横領して銀座にお店を持った。

それは、決して表には出せない銀行が脱税に加担したお金だった。元子は、巧妙な手口で手にしていた。

第3話は、「悪女炎上次の獲物は3億円!!」です。

勝つためなら手段は選ばない

 

元子(武井咲)は一緒に銀行に勤めていた波子に裏切られる。波子(仲里依紗)は、楢林をスポンサーにして銀座にお店を持とうと計画する。

しかし、元子の黒川の手帖によって波子に渡るはずの5000万円が消える。元子の手に渡ったのだ。

逆上する波子は、カルネに押し掛ける。しかし、追い出されてしまう。

上星ゼミナールの理事長・橋田常雄(高嶋政伸)は、カルネのママにぞっこんである。狙った獲物は逃がさない目をしている。

銀行で何があったのか?

 

元子は、楢林クリニックの看護師・中岡にエステを開くように勧める。楢林から奪い取ったお金で運営しようというのだ。

中岡の裏帳簿があったから楢林からお金を奪うことが出来たのだ。楢林と中岡は、脱税の共犯である。エステ経営にあまり乗り気でない中岡は、まだ楢林に未練があった。

波子は、東林銀行の上司に会う。何があったのか聞き出そうとしていた。またしても女を使おうとしていた。

東林銀行の村井は、異動になっていた。しかし、波子には何も答える気はなかった。

安島の政治家への思い

 

安島の両親はダムの建設作業員だった。ある日、ダムの作業中に事故に巻き込まれて死んでしまった。

政権が交代したため、ダムの建設は中止になる。安島の両親は、何のために死んだのか夜も眠れない日々を過ごした。

弱いものの味方になりたいと政治家を目指したのだった。元子には、その悔しさが何となく分かったのだ。

お金が全て 

元子のところに村井がやってくる。お金を貸してほしいと言うのだ。

 

ことを公にしたら全て失うのはお互い様でしょ。

銀行の出世コースから外れたって、一般なサラリーマンよりずっといいお給料もらえているはず、贅沢は敵ですよ。

 

 後援会の息子が警察に呼ばれた。安島は尻拭いをするために八王子まで出かける。態度が大きな息子の頭に水をかける。

その日の夜、元子は村井と波子に刺される夢を見る。そして、東林銀行時代の支店長が死んだ。

お金に勝ちたい!

中岡市子は、楢林から奪い取ったお金を返しに来る。エステの経営はしないと言い出す。

楢林と過ごした時間をけがしたくなかったのだ。

 

本当の幸せは、金や物を手にすることじゃない。私には、あなたが本当の女の幸せを知らない可哀そうな女にしか見えない。

あなたには、本当の女の幸せが分かってないのよ。

カルネにいた元子のところに村井がやってくる。支店長の葬儀の後に寄ったのだ。給料が減ったことへの腹いせにお店で暴れる。

そこへ安島がやってくる。安島は、選挙のために票を集めるためだけの結婚に嫌気がさしていた。

 

私は恋愛にも結婚にも興味がありません。

 

 

じゃあ、何に興味があるの?

 

 

私は、いつかこの銀座で一番大きなお店を持って、銀座で一番のママになりたいと思っています。

 

 

諦めなければ必ず叶うって、言ってくれたじゃないですか?

 

 

結局、人はいくら金を持っても欲しいもの全部手に入れても、幸せになれないんじゃないかな。

 

 

 

私は、お金に勝ちたいんです。誰よりたくさんお金を手にしてお金を支配したいんです。

 

 元子は、お金に取りつかれているかのようだった。それもまた、悲しい面を持っていた。

その頃、銀座で一番のクラブ「ルダン」が売りに出た。どうしても欲しいと思う元子だった。この次のターゲットに選ばれたのは、橋田だった。

 見逃した方はコチラから⇒動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

entame-news.hatenablog.com