うさぎの日記

テレビドラマや映画の感想やネタバレ、芸能人の行きつけのお店を紹介するブログです!

朝ドラ【ひよっこ】第111話のあらすじと視聴率!もう一度生き直したい実の強い決意


f:id:dreams3359:20170812221246j:plain

NHK連続ドラマ「ひよっこ」、今は5月の田植えの時期。みね子と実は奥茨城に帰ることになる。

 

第111話は、実は2年と8ヵ月ぶりに奥茨城に帰るところからスタートします。

 

朝ドラ「ひよっこ」第111話 視聴率

第19週「ただいま。おかえり」第111話が8月9日水曜日に放送されました。気になる視聴率は22.9%でした。

第111話 あらすじ(8/9放送)

益子次郎(松尾諭)は、バスの車掌をしている。バスは、みね子たちの集落から町に出る唯一の交通手段だった。

そのバスもワンマンカーに変わることが決まっていた。車掌は必要なくなるのだ。次郎の仕事も今年いっぱいになってしまった。

みね子と実はバスに乗っていた。みね子は思い出していた。高校生のときに父親が戻ってくるバスを停留所で待っていたあの日のことを。

あの時も二人で歩いた。バス停から1時間の道を父親がいる幸せを感じていた。今は少し違っても、やっぱりみね子は嬉しかった。

お母ちゃん、じいちゃん。

 美代子は実に走り寄る。

帰ってきました。 

おかえりなさい。

ありがとう。

 美代子は泣きながら実の持っていたバッグを持ち、家に向かう。

 

お父さん、美代子、みね子、ちよ子、進。ご心配おかけしてすみませんでした。申し訳ないです。

それから、自分の家族のことがわかんなくて。なんつっていいのか、本当にごめんさい。記憶がもどっかどうがもわがんねえし、自分がどうなんのがもさっぱりわがんねぇ。

でも、ここで取り戻してぇ。もいっぺんやり直してぇ、生き直してぇ、そう思って帰ってきました。どうがよろしくお願いします。

 

よぐけってきたな。よぐけってきた。

 

 

ありがどうございます。

 

 

美代子、めしにすっぺが。はらへったな。

 

 

 はい。

 

進は、父親の腕に飛び込む。ちよ子も嬉しかった。

第111話 感想(8/9放送)

 

entame-news.hatenablog.com