うさぎの日記

テレビドラマや映画の感想やネタバレ、芸能人の行きつけのお店を紹介するブログです!

朝ドラ【ひよっこ】第110話のあらすじと視聴率!鈴子(宮本信子)の言葉がみね子の心を動かした


f:id:dreams3359:20170810193316j:plain

NHK連続ドラマ「ひよっこ」、みね子は5月の田植えのことを思い出す。田んぼに映った青空がキレイで好きだった。

第110話は、実が自分をもっと知りたいと思うようになる。

朝ドラ「ひよっこ」第110話 視聴率

第19週「ただいま。おかえり」第109話が8月8日火曜日に放送されました。気になる視聴率は23.7%でした。

 

第110話 あらすじ(8/8放送)

みね子(有村架純)は、5月の田植えの日の話を楽しそうにする。その姿を見た実(沢村一樹)は、自分のことをもっと知りたいと言い出す。

建築現場で働き、国立競技場の現場にもいた。みね子は知っている限りの話をした。実は家族思いの優しい父親だった。

 

でもさ、私が話せるのは父親としての谷田部実さんだよ。それしか分がんない。

生まれてから大人になるまでのことは、じいちゃんや弟の宗男さんにしか教えらんないし、それに男の人としての谷田部実は、お母ちゃんにしか分かんない。

そう思ったんだよね話してて。

 

みね子ちゃん、みね子、奥茨城に帰ってみっかな。どうかな。

 

 

 分かった。帰ろう。

 

 あかね荘では、愛子(白石加代子)が寝ているときに歌っていることで盛り上がっていた。また富も寝ながら立ち上がって踊っていると言う。

そこへ浮かない顔をしたみね子が入ってくる。父親と茨城に帰りたいけど、すずふり亭を休めないことで悩む。

そんなみね子の顔色をすぐにキャッチする鈴子(宮本信子)だった。

 

ばかだね、あんたは。そんなこと気にすることない、休めばいいの。

 

 

でも、私にだって自分がいないと困るだろうっていう気持ちもあるし、それはそれで誇りっていうか。

 

 

そりゃあんたは大事な戦力だよ。休まれたら大変だ。でも、それとこれとは別。

大事なことでしょ。あんたの人生にとって、とっても。ちゃんと一緒に帰って、お父さんがそこで上手く生きて行けるかどうか見届けておいで。

 

 

みね子、お前がいなくなったら皆大変な思いをする。でも、大切な仲間だから皆それは頑張れる。だから大丈夫だ。

 

 

行って来いよ。

 

みね子は、今すぐに実と奥茨城に帰ることになる。

 

お父ちゃん、帰ろう。

 

 

 第110話 感想(8/8放送)

entame-news.hatenablog.com