うさぎの日記

テレビドラマや映画の感想やネタバレ、芸能人の行きつけのお店を紹介するブログです!

朝ドラ【ひよっこ】第108話のあらすじと視聴率!優しいお父ちゃんに変わりはない、きっと大丈夫


スポンサードリンク

f:id:dreams3359:20170810175014j:plain

NHK連続ドラマ「ひよっこ」、父親・実が2年半ぶりに見つかった。女優・川本世津子が保護していたのだ。

実は全ての記憶を失っていた。

第108話は、みね子と実のふたりの生活が始まるところからスタートします。

 

朝ドラ「ひよっこ」第108話 視聴率

第18週「大丈夫、きっと」第108話が8月5日土曜日に放送されました。気になる視聴率は22.3%でした。

第108話 あらすじ(8/5放送)

 

美代子(木村佳乃)は、“自分の家に帰ってみたいそう思ったら帰ってきて下さい。”そう言って茨城に帰って行った。

みね子(有村架純)と実(沢村一樹)は、すずふり亭に挨拶に行く。ふたりの生活が始まった。

 

省ちゃん、私ちょっとだけ思ってたの。あまりに辛くて苦しいことがあって、もうやんなちゃった。

逃げたして、そうやって自分を捨てるっていうか、そういうことだって。

 

 

それはそれで責められないよね。

 

鈴子(宮本信子)は、逃げて自分を捨てたのではない。それを確信した。

あかね荘に行くと時子がいた。幼なじみで親友であると自己紹介する。愛子は、実の歓迎会を開いてくれた。

あかね荘の大家である富は、実に慰めの言葉をかける。

 

年をとると忘れてしまうんです。いろんなことをどんどん忘れて行くんです。それは悲しいことでもあるけど、でもそれだけじゃないの。

それでもちゃんと生きて行ける。毎日新しいできごとはあるから。

 

時子は愛子の部屋に行く。

 

謝らんないといけないね。私がいなくなって苦労させたんだよね。

 

 

それはもういいの。アパートの人たちもそうだけど、すずふり亭の人たちも、近所の人たちも。

それに工場ね寮で一緒だった子たちも親友だし。

東京に来なかったら出会えなかったでしょ。だから、楽しいことや嬉しいことの方が多いんだ。

 

ありがとう。

 

 

 何か照れ臭いね、こうやって一緒に寝るの。

 

 

そうだね。

 

 

でも夢みたいだ、嬉しい。

 

 

大丈夫って私は思いました。お父ちゃんは、たとえ記憶を無くして何にも覚えてなくても、やっぱし優しいお父ちゃんに変わりはなくて、大丈夫。時間はかかっかもしんないけど。きっと大丈夫。

第108話 感想(8/5放送)

 

entame-news.hatenablog.com