うさぎの日記

テレビドラマや映画の感想やネタバレ、芸能人の行きつけのお店を紹介するブログです!

朝ドラ【ひよっこ】第104話のあらすじと視聴率!生きて会えたことを噛み締める、辛いことは後でいい


スポンサードリンク

f:id:dreams3359:20170805235734j:plain

NHK連続ドラマ「ひよっこ」は、谷田部みね子(有村架純)が行方不明の父親を探していた。

赤坂・すずふり亭というレストランは、みね子と父親を繋ぐお店。みね子はウエイトレスとして働いている。

第104話では、世津子の家に行ったみね子、その帰りを鈴子と愛子、時子が待っていた。みね子は父親が記憶を失っていることを話す。

朝ドラ「ひよっこ」第104話 視聴率

第18週「大丈夫、きっと」の104話が8月1日(火)に放送された。視聴率は22.5%です。

第104話 あらすじ(8/1放送)

鈴子(宮本信子)と愛子(和久井映見)、時子(佐久間由衣)は、みね子の帰りを待っていた。3人に父親・実の記憶喪失のことを話す。

 

私のこと覚えてないなんて悲しくて、どうしたらいい?

 

 

手紙にしなさい。手紙を書きなさい。ちゃんと気持ちを落ち着かせて、手紙を書きなさい。(鈴子)

 

 

私もその方がいいと思う。(愛子)

 

 

まずは良かったんだよ、みね子。良かったんだよ。今日の出来事で一番大事なのは、生きて会えたいうこと、元気だったということ、そしてまた会えるということ。

それをまず一番に受け止めて、噛み締めなさい。辛いことは後からでいい。分かる?(鈴子)

 

はい、手紙書きます。(みね子)

 

 

みね子は、母・美代子(木村佳乃)に手紙を書くことにする。みね子は、アパートの人や職場の皆に全て話した。

中華料理屋の店主・福田五郎と妻の安江は、みね子に五目チャーハンを作って持ってくる。

和菓子屋の店主・柏木一郎と息子のハスハルは、スペシャルあんみつを持ってくる。

すずふり亭の料理長・牧野省吾は、サンドウィッチを作ってくる。心優しい人に囲まれていることに幸せを感じます。

その頃、美代子に手紙が届いていた。

 

すずふり亭のお客さんがお父さんを見つけました。そのお客さんがお父さんを保護しました。そのお客さんの名前は川本世津子さんです。

 

 

突然、いなくなった夫が2年半もの間、他の人と暮らしていた。美代子の思いは複雑だった。

第104話 感想(8/1放送)

 まとめ

2年半という月日は、もう会えないかも知れない、生きていないかも知れない。そう思うのに充分な時間だった。

entame-news.hatenablog.com