うさぎの日記

テレビドラマや映画の感想やネタバレ、芸能人の行きつけのお店を紹介するブログです!

朝ドラ【ひよっこ】第101話のあらすじと視聴率!菅野美穂の迫真の演技が見ものだった


f:id:dreams3359:20170802215037j:plain

朝ドラ「ひよっこ」がクライマックスを迎えている。谷田部みね子は、奥茨城から父親を探して東京に上京している。

レストランで働きながら給料のほとんどを家に送金している。父親が行方不明になったため、父親の分も家族を守っている。

第101話は、コマーシャルに出演したみね子は世津子に車で送ってもらう。車の中で父親の話をする。その時の世津子の険しい顔からスタートする。

朝ドラ「ひよっこ」第101話 視聴率

第17週「運命の人」の101話が7月28日に放送された。視聴率は20.2%です。

第101話 あらすじ(7/28放送) 

 

みね子は、無事にコマーシャル撮影を終えた。すずふり亭では、その話で盛り上がっている。世津子が手を握ってくれたから大丈夫だった。

コマーシャルの出演料は2500円、みね子の2ヵ月分のお小遣いだった。こんなに稼げることにすごいと思いながら怖さも感じていた。

時子は、みね子に嫉妬しながらもドラマ出演の報告をする。前に面接を受けたときの茨城訛りが役に立って、あの時の面接官から連絡が入ったのだ。

訛りを取ろうと必死になってきた時子だったが、茨城訛りの女の子の役だった。

次の休みの日に世津子が訪ねてくる。

 

今からちょっと出られないかな?私の家に来て欲しいの?大丈夫かな時間?

 

何で私?

会って欲しい人がいるの。あなたにお願いします。

 

はい、わがりました。

 

世津子は切なそうな目をしていた。その表情は険しいモノでもあった。一体何があるのか、みね子には想像もつかない。

第101話 感想(7/28放送)

 まとめ

みね子に会わせたい人とは、父親の実なのか?世津子の苦しそうな表情が切なすぎる101話でした。

entame-news.hatenablog.com