うさぎの日記

テレビドラマや映画の感想やネタバレ、芸能人の行きつけのお店を紹介するブログです!

【コード・ブルー3】第3話あらすじと視聴率!命より大切なモノを持つ患者に医者はどう向き合うべきか


スポンサードリンク

f:id:dreams3359:20170704202514p:plain

“この仲間となら、また一歩踏み出せる”、ドクターの成長を描いた作品が「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命」。

 

第3話は、「命より大切なもの」が7月31日に放送された。命より大切なものなどあるのだろうか?

命より大切なモノ

命とは、その人が命よりも大切だと思っているもの。どちらかを選ばなければならない。なかには命を捨ててでも大切なモノを選びたいと望む人もいる。それでも医者は命を優先する。

 

天才ピアニスト天野奏(田鍋梨々花)には、小脳に3.5㎝の腫瘍がある。ピアノが弾けなくなるくらいなら手術はしないと言っている。

彼女にとってピアノは命より大切なのだ。

料理人 緒方

渓流で足を滑らせて転落した緒方博嗣(丸山智己)が救命に運び込まれる。一つ星ミシュランに載るほどのお店の料理人だった。

頸椎に脱臼骨折というダメージを受けて、二度と包丁を握ることは出来ない。

 

ドクターヘリが汚染された

ドクターヘリは森林公園で倒れている人の救助に向かう。患者は搬送中に機内で嘔吐する。吐しゃ物をあびた冴島(比嘉愛未)が倒れてしまう。

白石(新垣結衣)と灰谷(成田凌)も機内で体調を崩す。機内の空気が原因不明の汚染が発生した。

灰谷の証言からシアンと確定する。秋本二郎はシアン化合物中毒だった。自殺を図ったのである。吐しゃ物の中にカプセルがあった。

完全に溶けきる前に吐き出したため秋本が助かった。しかし、それを浴びた冴島は植物状態になる危険性があった。

秋本は、アルツハイマー認知症の研究者だった。その開発競争に敗れて自殺を図った。

藍沢の臆病な部分とは

秋本が病棟の渡り廊下で飛び降りた。緊急に開腹手術が行われた。肝臓が破裂しているため大量に出血している。ダメージコントロールすることになる。

ダメージコントロールは、手術を一反中止して全身状態の回復を待つことだ。24時間待った結果、手術は再開された。

 

ご主人が生きたがってたかどうかは私たちには分かりません。ですが少なくとも体は行きたがっていた。

同じケガで命を落とす人も少なくありません。ですが秋本さんは生きた。ダメージコントロールは、患者さんの生命力に問いかける行為です。

秋本さんの体は“生きたい”と答えてくれた。体が答えてくれるまで私たちは24時間待った。

でも、心が答えてくれるまでにはきっともっと時間がかかると思います。

 

 

 ギリギリのところで見えた大切なモノ

HCUにいる冴島が目を覚ました。麻痺も見当識障害もなく意識を取り戻した。

 

俺は、はるかと一緒に生きたい。はるかと子どもと3人で生きたい。だから結婚して下さい。

 

 

目を覚ました時に最初に誰を思ったと思う?それは赤ちゃん、私とあなたの赤ちゃん。

 

医者よりも強い患者

緒方は、料理人として厨房に立つことが難しいと知ってしまった。でも、諦めない心の強さがあった。

緋山は、うっかり包丁が握れないことを喋ってしまった。緒方に謝る。しかし、医者よりも患者の方が強かった。

 

起きちまったことは変えられないんだ。今しかない、だったら今この瞬間をどう生きるかですよ。

 

不器用な優しさ

灰谷はドクターヘリに乗った時のことを白石に謝る。臆病者である自分が医者に向いていないと思っている。

 

ダメージコントロールの一番のポイントは臆病であること。秋本さんの場合、出血を止めようと無理にオペを続行していたら最悪の事態になっていたかもしれない。

あの時、このままやるのは危ないって手術を一反中断したから今秋本さんは生きてる。その判断ができたのは、藍沢先生にも臆病な一面があったからよ。

臆病であることも医者の素質のして必要だと私は思う。(白石)

 

シアンの臭いは感じる人間と感じない人間がいる。感じるのは40%で、お前はたまたまその40%のうちのひとりだった。

それで、患者と冴島の命を救う行為に貢献した。(藍沢)

あまりのも失うモノが大きかった

 天野奏はピアノの前に座っている。秋本の話をすると気持ちが分かると言う。手術をすることは決めている。でも、怖くてたまらないのだ。

奏は、同意書にサインは出来なかった。

命とは、命より大切だと思うモノどちらかを選ばなければならないとき医者は命を優先する。命さえあればいつか大切なモノを失った辛さをもの乗り越えられると医者は信じているからだ。けれど失うモノがあまりに大きいときは医者はどうすればいいのだろう。

 

 まとめ

第3話の視聴率は、14.0%と二桁をキープしている。ラストに藍沢の奏に対する思いが語られる。

それが何を意味するのか?これから後に登場するのだろう。藍沢のこれからが気になるセリフでした。

まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

entame-news.hatenablog.com