うさぎの日記

テレビドラマや映画の感想やネタバレ、芸能人の行きつけのお店を紹介するブログです!

朝ドラ【ひよっこ】第105話のあらすじと視聴率!実が生きていた、ただそれだけを考えたい美代子だった

f:id:dreams3359:20170807220803p:plain

NHK連続ドラマ「ひよっこ」が熱い!谷田部みね子(有村架純)は、ずっと探していた父親・実(沢村一樹)が見つかった。

 

第105話は、みね子は母親・美代子(木村佳乃)に手紙を書く。その手紙を読むところからスタートします。

 

朝ドラ「ひよっこ」第105話 視聴率

第18週「大丈夫、きっと」第105話が8月2日水曜日に放送されました。気になる視聴率は23.5%でした。

第105話 あらすじ(8/2放送)

お母さん、お父さんが見つかりました。お父さんは東京で生きていました。ただ、信じられないと思いますが、お父さんは記憶を無くしています。自分の名前も覚えていません。私のことも家族のことも覚えていません。

 

手紙を読んだ美代子は、実に会うために東京に行くことにする。美代子は、実と連絡が取れなくなった時のことを思い出していた。

バスと電車を乗り継いで、上野駅に着いたあの日。実が住んでいた場所、警察に行って事情を話したときのこと。

 

いばらきです。いばらぎじゃなくて、いばらきです。谷田部実と言います。私は、私は出稼ぎ労働者をひとり探してくれと頼んでるんではありません。

ちゃんと名前があります。茨城の奥茨城村で生まれて育った谷田部実という人間を探して下さいとお願いしています。

ちゃんと、ちゃんと名前があります。

 出稼ぎ労働者が行方不明になることは、よくあることだった。警察では、あまりにも雑な扱いをされた。あの日のことを思い出していた。

世津子のところへ行くときに愛子(和久井映見)から声をかけられる。

 

今日はあなたはお母さんのことだけ考えなさい

 

 みね子のことえをよく知っている愛子だから気持ちが分かるのだ。

美代子は、上野駅で会った時から何も話そうとしない。世津子の立派なマンション見て言う。

 

着物にすればいがったかな。

 

 世津子に会う。美代子は、キレイに女優を前に驚きを隠せない。

 

遠いところ申し訳けございません。川本世津子と申します。

 

 第105話 感想(8/2放送)

 まとめ

実が生きていた。そのことだけを考えると、たまらなく嬉しい。でも女性と一緒だった。複雑な思いは隠せない。

entame-news.hatenablog.com

 

 

ドラマ【セシルのもくろみ】第4話あらすじと感想!もっと認めてもらいたい奈央にも強い気持ちがあった

f:id:dreams3359:20170714201155j:plain

ドラマ「セシルのもくろみ」は、普通の主婦だった宮地奈央(真木よう子)が読者モデルとして輝いていく物語だ。

 

第4話は、「不倫の真相!今夜あの怖いオンナが激白」です。

読モから専属モデルへ

「ヴァニティ」の専属モデルが決まった。ひとりは手島レイナと読者モデルからひとり選ばれた。それは葵(佐藤江梨子)だった。

読者モデルから専属モデルになるのは、ヴァニティ始まって以来のことだった。歴史の転換期になるかも知れない。

ある日、江里(伊藤歩)は副編集長と葵がタクシーで抱き合うところを見てしまう。洵子(板谷由夏)のところには証拠写真が送られてくる。

奈央スペシャ

 

洵子は、編集会議で不倫の事実を暴露する。編集長は石田に休みを取るように指示する。洵子は副編集長代理に昇格する。

洵子に写真を送ったのは、萌子(藤澤恵麻)だった。萌子はインスタのフォロワーをお金で買っているような女だった。

奈央は、読モになってから考えが変わって来ていた。ふたりの気持ちが分かってしまったのだ。

惣菜屋で働く奈央は、自分の作ったポテトサラダが自慢だった。お店にあると喜ばれる、いつの間にか奈央スペシャルと名前がついた。

奈央にも誰かに必要とされている実感があった。どこか似ている。もっと認めてもらいたいという気持ちが分かってしまったのだ。

デート企画

江里は、洵子にチクったことを奈央に話す。

 

私も同じ、チクった、あんたのためじゃない、自分が上に行くために。

 

 

そこまでして勝負して生きてるっとことだね。あの二人も。

 

 

そもそもモデルの実力とは何か?

 

 

今までにはないモデルに宮地はなればいいんだよ。

 

江里はデート企画を提案する。何年もデートなんてしていない奈央は照れながら旦那に話す。

ハマユカにスタイリスト代が出ない話をすると、洋服を選ぶところから企画にすればいいと提案する。一般の主婦にはスタイリストなんて付かない。

宮路に求められているのは、一般の主婦により近いモノなのかも知れない。

世間の見る目がモデルを育てる

宮路の夫が仕事で行けなくなった。カメラマンの山上(金子ノブアキ)が代役をすることになる。

どうみても男同士にしか見えない山上と奈央にディレクションするように指示がでる。そんなとき、撮影としった一般客が奈央の目に入る。

 

あれってモデルさんじゃない。ほんとだ何かの撮影かな。そうだよすごいキレイだね。やっぱりモデルって雰囲気あるよね。

 

その声に奈央が反応した。まるで別人のようにカメラに笑顔を作れる。撮影が楽しくってたまらない奈央がいた。

奈央は、ハマユカに買い物を付き合ってもらった写真をインスタにアップする。たちまち“いいね”がついた。奈央は複雑だった。

ある日、奈央と絵里が洵子に呼び出されるな。奈央は11月号をもって卒業することになる。あまりに突然のことで驚くふたりだった。

まとめ

モデルに限ったことでなく、人気のある人を利用することはよくあることだ。できることなら、そのステージに立ちたいと思う欲求は誰にでもある。

もっと自分を認めてもらいたい、その気持ちに度がすぎない事である。

entame-news.hatenablog.com

 

 

 

 

 

「ブランケット・キャッツ」最終回あらすじと感想!亡き妻とクロの想い出、死ぬまでにしたい10のコトとは

f:id:dreams3359:20170709152619p:plain

NHKドラマ10ブランケット・キャッツ」が最終回を迎えた。愛らしいネコと西島秀俊の不器用でも温かいネコへの想いがステキだ。

 

第7話は、「さよならのブランケット・キャット」です。

妙子の病気

クロを預けた妙子(富田靖子)がいなくなった。ガンが再発したかも知れない、秀亮(西島秀俊)は何度も連絡するが出ない。

 

妙子さんは誰でも良かったのかな。そばにいてくれる人。

 

 秀亮には、分からなかった。なぜクロも一緒に連れて行ったのだろう。クロは妻を亡くしたときに一緒にいたネコだった。

 

陽子頼む、守ってくれ、クロとあの人を。

 

妙子は、離婚した母親のところに行こうとしている兄妹と 一緒にいた。朝ごはんを食べているとクロの食欲がないことに気付く。

千葉県木更津市そこまでしか住所が分からない。目印は赤い橋、それだけで母親を探そうとしていた。

お母さんには会っちゃいけないんだ

秀亮からの連絡と気づいた妙子は、電話をする。秀亮は、妙子のところへ行くことにする。美咲(吉瀬美智子)も一緒に行くことになる。

エミと妙子がトイレに行っているとき、サトルがクロを逃がしてしまう。そこへ秀亮と美咲がやってくる。

川沿いの土手でクロが見つかった。

サトルの母親は、再婚していて家族がいたのだ。クロを探すことで母親のとことに行かなくてすむからクロを逃がしたのだ。

 

お母さんの家には行けないんだ。お母さんには新しい家族がいるんだ。だからもう会っちゃいけないんだ。

だけどエミがお母さんに会いたいって泣くから、だから。

 

 サトルはずっと苦しかった。やっと話せたことに泣きじゃくる。

いつかきっと会える

クロは環境の変化のせいで食欲をなくしていた。秀亮に会えたからなのか食欲を取り戻す。

 

エミね。お母さんにばいばいって言おうと思ったの。もう会えないから、ばいばいって。

 

 

言わなくていい。ばいばいって、いつかきっと会えるから。

 

 妙子は子供たちを秀亮にお願いする。病院に行こうという皆を振り切っていなくなってしまう。秀亮は後を追う。

誰かのため生きるんだ

 

妙子は海の中に入っていく。自殺しようとしていた。秀亮は必死で止めようとする。陽子との思い出を回想していた。

 

ねぇ見てみて。

 

 

ねぇ、今度の夏旅行行こうよ。約束だよ。

 

 

ねぇ、クロの様子がおかしいの。病院生きたいから車出してくれない?

 

クロは入院した。そのクロを迎えに行く途中で陽子は車にはねられる。クロは秀亮にとっても特別なネコだった。

陽子の最期の瞬間を知っている唯一のネコだった。

 

 

死ぬな、死んじゃダメだ。

 

 

しゅうちゃん。妙子さん。

 

 

来るな。

 

 

ダメだ。行っちゃダメだ。行っちゃダメだ。ダメだ。妙子さん。

 

 

離して、死なせて、お願い、お願い。

 

 

どうして死なせてくれないの?もうやだよ。耐えるだけの人生なんて、何のための生きなきゃいけないの?

 

誰かのためだ。あんたが死んだら、ずっと後悔する誰かのために。

 

妙子は助かった。そして子供たちは、両親が迎えに来る。

心の底から心配している誰かのために

 

 

私が死んでも後悔する誰かなんていません。人はひとりで生まれて、ひとりで死んでゆくんです。だから自分のために生きて、自分のために死んだっていいじゃない。

 

 

人はひとりで生きてる訳じゃない。あんたがあの子たちを大切に思ったようにあんたのことを大切に思っている誰かがいるん

だ。

人はひとりで生きていない。だけど、そんな当たり前のことに後で気付いても取り返しのつかない事だってあるんだ。

だから死ぬな。あんたのことを心の底から心配している誰かのために。

 

 

そんな人、私には。

 

 そこへ永島文具の社長と妻がやってくる。

 

妙ちゃん、どうしてそんなことするのよ。

 

 

俺たちそんなに頼りないのか。そんなに信用できないのか?

 

 妙子は会社のお金を盗んだことを話す。社長は会社に戻って、働いて返してくれればいいと言う。妙子にも大切な人がいたのだった

妙子は、病院に入院することになった。死ぬまでにした10のコト、最後の10コめには“生きる”と書いた。

傷は傷でいいんだ

片岡(小市慢太郎)がやってくる。片岡は秀亮に会社に戻って欲しいのだ。

 

俺は戻らない。前に進みたいんだ。この針箱、親子3代にわたって大事にされてきたモノなんだ。おそらく50年は使われるはずだ。

あちこちに傷があるだろう。それでもこうやってまだ使えるんだ。まだ使いたいって人がいるんだ。

傷があっても生き返ることはできる。傷は傷でいいんだ。

 

そこへ美咲が来る。クロの健康診断をしたのだ。クロは妙子が元気になるまで秀亮が預かることになる。

 

 

 

ありがとうな、お前のお陰だ。今度メシ行くか。お前の行きたい店とか、食べたいモノとか調べとけ。ごちそうするから。

 

うん

 

 

 楓がダンボールを抱えて入ってくる。段ボールの中には子ネコが4匹入っていた。

最新のドラマが一番充実している⇒<U-NEXT

 

entame-news.hatenablog.com

【居酒屋ふじ】第5話あらすじと感想!親は子供の知らないところでいつも何かしてくれている

f:id:dreams3359:20170723150522j:plain

芸能人が集う「居酒屋ふじ」は、東京の中目黒にある。ドラマ24の舞台になっている。古き良き昭和の風情が息づく小さな居酒屋に集う人々の物語です。

 

名物は激動の時代、昭和を生きた破天荒なおやじの豪快な話だ。お母さんが作る味わい深い料理も絶品である。

 

第5話は、「西尾、椎名桔平主演ドラマに大抜擢」です。今日の1品は“おにぎり”です。

西尾の出身 岐阜県

 

西尾(永山絢斗)は、岐阜県の出身だった。ある日、居酒屋ふじにいると母親から荷物が届く。

荷物には懐かしい地元の名産が入っていた。岐阜には海がなく、キレイな長良川からは鮎が獲れる。“干しあゆ”は焼いて食べる。

 

俳優に一人前になるまでは帰れない

 西尾は懐かしさでいっぱいだった。

母親がやってくる

西尾は椎名桔平が主演のドラマ「フェイク3世」のオーディションを受けていた。合格間違いないと言われていたが落ちてしまった。

居酒屋ふじに行くと母親・たま美(余貴美子)が来ていた。喜んでいる母親に言い出せなくなる。ふじのお母さんは、おにぎりを作ってくれる。

たま美は、大森南朋を知らない。いつまでも芽が出ないなら、干しや工場で働いたらどうかと勧める。

そこへ椎名桔平がやってくる。何も知らないたま美は、ドラマでお世話になるとお礼を言ってしまう。

椎名桔平の過去

椎名桔平は、木梨憲武の紹介で「居酒屋ふじ」に行くことになる。売れない役者だった頃に言われた。

 

お前、絶対にあきらめるなよ。お前は必ず何とかなるから。

それがあったから今がある。 

母ちゃん、ごめん 

 

数々の悪行をしてきたおやじは、実家から勘当された。おやじは宇都宮のクラブで働く。

母親に会いたくて、デパートで時間をつぶす。そのデパートで働いていたのがふじのお母さん、光子だった。

光子は寂しそうなおやじに声をかける。それが二人の出会いだった。母親が亡くなり四十九日が終わったあとで、おやじはデートに誘う。

おやじの母親が光子との出会いを作ってくれた。光子は今でもそう思っている。そして、おやじ50歳で光子が33歳のときに結婚する。

 

親っていうのはさ、子どもが知らないところで子どものためにいつも何かをしてくれてるってことだな。

 

 

 

そういえば昔かあちゃんに言われてことがあるんです。俺人見知りで引きこもってたんですけど、

一日一回は外に出ろ、外に出たら誰かに会って話ができるよって。俺が今こうしてここに居られるの母ちゃんのお陰なのかも知れないな。

 

そこへ たま美が現れる。たま美は、ふじの2階に泊めてもらっていた。西尾は、ふじのお母さんに謝る。

 

西尾くん、他に謝る人がいるんじゃないの?

 

 

母ちゃん、ごめん。

 

 たま美は、大森南朋のファンだった。西尾が騙していたから、自分も騙したんだと言っている。

西尾の母親・たま美が一番の役者だった。

独占先行配信中⇨Amazonプライム・ビデオ  

entame-news.hatenablog.com

朝ドラ【ひよっこ】第104話のあらすじと視聴率!生きて会えたことを噛み締める、辛いことは後でいい

f:id:dreams3359:20170805235734j:plain

NHK連続ドラマ「ひよっこ」は、谷田部みね子(有村架純)が行方不明の父親を探していた。

赤坂・すずふり亭というレストランは、みね子と父親を繋ぐお店。みね子はウエイトレスとして働いている。

第104話では、世津子の家に行ったみね子、その帰りを鈴子と愛子、時子が待っていた。みね子は父親が記憶を失っていることを話す。

朝ドラ「ひよっこ」第104話 視聴率

第18週「大丈夫、きっと」の104話が8月1日(火)に放送された。視聴率は22.5%です。

第104話 あらすじ(8/1放送)

鈴子(宮本信子)と愛子(和久井映見)、時子(佐久間由衣)は、みね子の帰りを待っていた。3人に父親・実の記憶喪失のことを話す。

 

私のこと覚えてないなんて悲しくて、どうしたらいい?

 

 

手紙にしなさい。手紙を書きなさい。ちゃんと気持ちを落ち着かせて、手紙を書きなさい。(鈴子)

 

 

私もその方がいいと思う。(愛子)

 

 

まずは良かったんだよ、みね子。良かったんだよ。今日の出来事で一番大事なのは、生きて会えたいうこと、元気だったということ、そしてまた会えるということ。

それをまず一番に受け止めて、噛み締めなさい。辛いことは後からでいい。分かる?(鈴子)

 

はい、手紙書きます。(みね子)

 

 

みね子は、母・美代子(木村佳乃)に手紙を書くことにする。みね子は、アパートの人や職場の皆に全て話した。

中華料理屋の店主・福田五郎と妻の安江は、みね子に五目チャーハンを作って持ってくる。

和菓子屋の店主・柏木一郎と息子のハスハルは、スペシャルあんみつを持ってくる。

すずふり亭の料理長・牧野省吾は、サンドウィッチを作ってくる。心優しい人に囲まれていることに幸せを感じます。

その頃、美代子に手紙が届いていた。

 

すずふり亭のお客さんがお父さんを見つけました。そのお客さんがお父さんを保護しました。そのお客さんの名前は川本世津子さんです。

 

 

突然、いなくなった夫が2年半もの間、他の人と暮らしていた。美代子の思いは複雑だった。

第104話 感想(8/1放送)

 まとめ

2年半という月日は、もう会えないかも知れない、生きていないかも知れない。そう思うのに充分な時間だった。

entame-news.hatenablog.com

 

 

 

 

朝ドラ【ひよっこ】第103話のあらすじと視聴率!記憶を失った2年半、世津子(菅野美穂)の回想シーンが切なかった

f:id:dreams3359:20170805225243j:plain

NHK連続ドラマ「ひよっこ」が熱い!主人公の谷田部みね子(有村架純は、行方不明になっている父親を探すため東京に来ている。

 

レストラン「すずふり亭」に女優・川本世津子がやってくる。その出会いから父親の行くへが分かる。

第102話は、“会わせたい人がいるの”、みね子が世津子の家に呼ばれる。そこで見たモノは、ずっと会いたかった父親の実の姿だった。

朝ドラ「ひよっこ」第103話 視聴率

第18週「大丈夫、きっと」の103話が7月31日(月)に放送された。視聴率は21.8%です。

 第103話 あらすじ(7/31放送)

みね子は、世津子の家で父親の実に会う。実は記憶を失っていた。2年半もの間、世津子と一緒に暮らしていたのだ。

世津子の家を飛び出すみね子を実が追った。傘を差しだして、世津子との出会いを話す。

実は世津子の家のマンションの前にいた。雨の中、傘もささないでベンチに座っているところに世津子が話しかける。

街の中をさまよって行き着いた場所がそこだった。実がケガをしているのを見て、家に連れて帰る。

 

自分が誰だか分からないって言ったら、最初は世津子さんは信じなくて、驚いて病院と警察に行こうって言いました。

でも、私は断った。というか嫌だと言いました。行きたくないと言いました。

 

 何で?

 

 

怖くて、自分がなんか人を傷つけたりとか、ひょっとしたら人を殺してしまったんじゃないかとか思って、それで絶対に行きたくないと思いました。

 

 

 違うよ。お父ちゃんは誰かを傷つけたりとかしたんじゃない。酷いことされたんだ。

働いて稼いだお金、ひったくりに盗られて、それでよく分かんないけど、めちゃくちゃ殴られてりして、そんで、そんでケガしたんだ。

誰かを傷つけたりしたじゃない。これは家族に送るお金なんだって返してくれって何度も行ったらしいよ、お父ちゃん。

 

 

 家族?私の家族?私はどんな人だったんでしょうか?

 

世津子は、出会ったばかりの実と一緒にたい焼きを食べたことを思い出していた。みね子は、世津子の連絡先を聞いてひとり帰るのだった。

第103話 感想(7/31放送) 

まとめ

世津子は、実が大切な存在になっていた。ふたりでたい焼きを食べる回想シーンが世津子の思いを物語っていた。 

entame-news.hatenablog.com

 

朝ドラ【ひよっこ】第102話のあらすじと視聴率!会わせたい人がいるの、それはあまりにも残酷な再会だった

f:id:dreams3359:20170803214628j:plain

NHK連続ドラマ「ひよっこ」が熱い!主人公の谷田部みね子(有村架純)は、行方不明になっている父親を探して上京した。

 

父親が送ってくる生活費がなくなり、みね子は自分が東京で働いて生活費を送っている。そうしないと谷田部家は生活できないのだ。

 

第102話は、みね子の部屋に世津子が訪ねてくる。会わせたい人がいるというのだ。

 

朝ドラ「ひよっこ」第102話 視聴率

第17週「運命の人」の102話が7月29日に放送された。視聴率は20.5%です。

 

第102話 あらすじ(7/29放送)

みね子の部屋に世津子(菅野美穂)が訪ねてくる。会わせたい人がいると言うのだ。世津子のところに行くみね子を見て、すずふり亭の鈴子(宮本信子)は不安になる。

豪華なマンションに連れていかれたみね子だった。

 

ただいま、雨男さん今日はお客さん連れてきた。

おかえり、えっ珍しいね。いや初めてか。

みね子は、その声に聞き覚えがあった。

お父ちゃん、お父ちゃん

雨男さん、あなたのお嬢さん。谷田部みね子さん、そしてあなたの名前は谷田部実さん。

あなたのお父さんはね何も覚えてないの。昔のこと、自分の名前もどこで生まれ育ったのかも。家族のことも。

 

嘘だ、そんなの嘘だ。だってお父ちゃんですよ、覚えてないなんて、そんなことあるわけないでしょ。

ねぇ、みね子だよお父ちゃん、どうしたのよ何でそんな顔してんの?ねぇ、みね子だよ。お父ちゃん、やんなったんでしょ、私たちのこと。それとも、なんもかんも、ひどい目に合わせれてやんなったんでしょ。

だから居なくなったんでしょ、そうでしょ。それは私わがっから、私わがっから、お父ちゃんがここにいたいなら、いいよ。

お父ちゃんがここに居たくて帰りたくないなら私、会わなかったことにすっから。帰るし、今日のことは忘れっから、それでいいから。

生きててくれただけで嬉しいし、お父ちゃんのこと責めるつもりなんて全然ないがら、全然ないがら覚えてないなんて言わねぇで。

みね子だよ、お父ちゃん。

 

 ごめんなさい。

 

 やっと会えた父親は記憶をなくしていた。それは、あまりにも残酷な再会だった。みね子は、雨の中を飛び出してゆく。そこに実が傘を持ってくる。

第102話 感想(7/29放送)

 まとめ

みね子は、世津子の家を飛び出した。外は雨、降りしきる雨がみね子の心のように悲しく映った。

entame-news.hatenablog.com