読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎの日記

映画やテレビドラマについて最新のものから昔懐かしのものまで紹介するブログです!

ドラマ2017「ボク、運命の人です」一途な想いが可愛らしい亀梨和也の魅力とは

「ボク、運命の人です」は、土曜日の22時から日本テレビで放送されています。正木誠(亀梨和也)は、運命の人と信じて湖月晴子(木村文乃)に一途に思いを寄せます。

自称神様の山下智久は、正木にアドバイスをして運命は動いてゆきます。この山下智久亀梨和也の掛け合い漫才のような部分が面白い作品です。

ボク、運命の人です

“ボク、運命の人です!”なんて突然言われたら、どんな気持ちになるのだろう?間違いなくストーカー扱いされるでしょう。

過去にもあったことがあると知ったら、その数が多ければ多いほど運命を感じるのかも知れない!

一途な想いに心が揺れる

 

第4回めは、ずっと気持ち悪いと思っていた晴子が運命男に心が揺れます。

謎の男は、上司の嫌いなニンジンを食べてもらうという指令を出します。クッキーやケーキは食べるもののニンジン料理は食べない。

何とか食べてもらおうと日本一のニンジン農家を訪ねます。その農家のご主人から教えてもらったことに閃きます。

ラストシーンがたまらなくよかった

 

突然に連絡がきた晴子に正木は言います。

 

 

今日、日本一のニンジン農家の人と話していてハッとしたんです。その方は、家がニンジン農家だったから継いだだけで元々は全然好きじゃなかったそうです。

 

ビックリしません!元々ニンジンが好きじゃなくても日本一のニンジンが作れるんだ。

ニンジンを作るのは、好きではなかったけど嫌いでもなかった。嫌いだったら、こんなに続けることは出来なかった。最近になって好きになってきた。 

この話を聞いて思ったんです。最初から好きで始まらなくてもいいんだなって、もし好きになることが出来ないという理由で遠ざけようとするんだったら嫌いじゃないものを近くに置いてみることから始めてみませんか?

もし、嫌いじゃないって言ってくれるなら、僕はこらからもあなたのことをずっと好きでいられます。

だから一つだけ質問させてください。僕のこと嫌いですか?嫌いじゃないですか?

 真っ直ぐな気持ちをぶつけてくる正木に晴子は言います。

嫌いじゃないです。 

正木は、たった一言に救われます。

 

嫌いがゼロだとしたら、嫌いじゃないはゼロではないってことですよね。僕には、ゼロかゼロじゃないってことが重要なんです。

 

 

 

正木は、不器用だけど子供のような気持を持っています。そんな正木のことを晴子は、もう好きになっているかもしれない。

晴子は、少し前に付き合っていた人が実は結婚していた。そんな過去を忘れられないでいます。

来週は、2人でちゃんこ鍋を食べに行きます。これからどう展開してゆくのか楽しみです。

 作品に込められた思いとは

「ボク、運命の人です」は、今まで恋愛が上手くいかなかった2人が運命の人に会う。それは、2人が運命で結ばれているから他の誰とも上手くいかなかったのだ。

小さい頃に会った記憶、そう何度もあることはない出会いを偶然とは呼ばない!いつか運命の人に会うために何度も挫折があるのかも知れない。

日本の人口が1憶3000万人近くいます。その中で、人は出会うべくして出会っているような気がします。

脚本家 金子茂樹

 

「ボク、運命の人です」は、金子茂樹さん脚本の作品です。「プロポーズ大作戦」や「世界一難しい恋」、「今日は会社休みます」など面白い作品が多いです。

亀梨和也さんは、日本テレビの「怪盗 山猫」以来のドラマ出演です。いろいろな作品に出演している亀梨さんの面白さ全開のドラマに期待します。

 

“人間が好きだ”小栗旬の熱量に影響された綾野剛の魅力とは

4月23日(日)の「誰だって波乱爆笑」に綾野剛さんが出演しました。怖いイメージの役柄が多かった綾野さんがブレイクしたきっかけとは?

“今なぜ好感度が上がっているのか?”綾野剛さんの履歴書を追って見ました。

綾野剛とは

1982年生まれの綾野剛さんは、現在35歳です。わりと若く見えて20代後半に見られることがあります。

身長は180㎝と高く、建物内方向音痴という弱点があります。地上の中では迷うことはないという珍しい弱点があります。

髪型にこだわりはなく、役者を始めてからプライベートで髪を切ったことがありません!

岐阜県生まれ

綾野剛さんは、飛騨高山や白川郷で知られる岐阜県生まれです。有名な芸能人では、伊藤英明清水ミチコ・ミスターマリック・神無月がいます。

ご両親の教育方針が変わっていました。小さい頃は「ロボコップ(1のみ)」のビデオを毎日見るという教育です。

ロボコップを見て人間とは、命の尊さや学ぶ毎日を過ごしました。

大の映画好きの両親は、火事の怖さは「タワーリング・インフェルノ」で学びました。ラーメンの良さを教えるために「タンポポ」で知りました。

破壊と構築

子どもの頃は、山で1人で洞窟彫り夢中になりました。秘密基地は4ヶ所あって、作っては壊していく作業が好きでした。

洞窟を掘っていくと成長していく過程やこの岩を崩したら上まで崩れてしまうなど“破壊と構築”が好きな子供でした。

 

自分のための居場所が欲しかった。自分のいるべき場所が必要だった。

 

 

県大会優勝

中学時代は陸上部に入りました。800m走では、県大会優勝でします。その後、駅伝がテーマの映画に大抜擢されます。

2008年に公開された「奈緒子」では、三浦春馬の演じる天才ランナーのライバルとして出演します。

ヒッチハイクで東京へ

2000年に高校を卒業します。その翌朝にヒッチハイクで東京へと向かいます。お天気カメラを見て状況を決心します。

岐阜から東京まではおよそ380kmあります。高速インター近くでトラックを待ってのせてもらいます。

サービスエリアでは、東京行きのトラックに乗り換えて向かいます。最初に着いたのは、新宿でした。

新宿から渋谷のスクランブル交差点へ向かいます。所持金はアルバイトでためた15万円だけを持ち東京に到着します。

憧れの街 東京

東京に着いて最初に感じたのは?

 

すれ違う人が赤の他人で驚いた!

スクランブル交差点は、ほぼ当たるか当たらないかの距離ですれ違う。僕の実家では絶対に知り合いなんです。

スクランブル交差点の真ん中に立ったときに圧倒的な自由を感じました。自分のことを知らない土地に行きたかったんだなと気づいた。

 

東京を知る

東京に着いてからしたことは?

 

激安のカプセルホテルを見つけては泊まり歩きました。そもそもカプセルホテルが何なのか知らないで、狭い空間が楽しい!

代官山ってどんな山?

 

代官山ってどんな山なんだろう?山だと思っていったら違っていて疎外感を感じます。

 

カタカナの駅名を知りたい!

 

 

たまプラーザ駅」のプラーザってなんだろう?「天王洲アイル」ってなんだろう?

珍しい名前の駅名に興味がある!

 

 

水天宮前駅」は、すっごいモノがあるというイメージしかない!神々しいイメージが強かった。

中央林間駅」は、とてつもない圧倒的な森があるしか考えられない!

 

アルバイトをしながら生活

東京で生活するためにアルバイトをしたことはなく、やりたいことをやる為にアルバイトをしました。

最低限の家賃と光熱費しか使わない生活を送ります。大好きな音楽をするために働きました。

メタル系の音楽活動しているとき、ライブを見に来ていたモデル事務所の人にスカウトされます。

21歳で俳優デビュー

綾野剛さんは、28歳で仮面ライダーの怪人役で俳優デビューをします。この作品でNGを連発、初日のファーストカットで23テイクも出してしまいます。

仮面ライダーの石田監督は、“満点じゃないが赤点でもない”とやっとOKが出ます。その悔しさから役者になる決意をします。

役者として成長するため、ギャラは“幕の内弁当”のみなどタダ同然で武者修行します。映画学校でオーディションを探したり、様々な作品に挑戦します。

小栗旬との出会い

2009年に公開された「クローズZEROⅡ」で小栗旬に出会います。

 

こんな熱量で作品を引っ張って、役者としての責任をしっかり持った上で全員を巻き込んでいく姿勢を見ました。

“自分はひとりでいることにこだわりすぎた”、いつの間にか自分のナルシズムに酔いしれていたのかも知れ。

何の恥じらいもなく、何の奇をてらうこともせず、彼は真っ直ぐに色んなキャストに向かって行って、コミュニケーションをとります。

この作品をよくしたいという熱量がものすごく伝わってきた。素晴らしいしい、勇気が持てました。

綾野剛に質問

これがないと困る物はある?

 

集中力がないと不安です。本番がかかるまでは、すべてオフにしています。集中する時間を少なくしています。

顔がカッコいいと思う有名人は?

 

濃い顔の人が好きです。海外ではジョニー・デップさんやショーンペンさんです。日本だと木村拓哉さんや竹野内豊さん、佐藤健はカッコいい!

女性では、トータル的にステキだなと思ったのは宮崎あおいさんです。笑顔や醸し出すオーラや心配りがステキです。

 

プライベートでの一番のこだわり

綾野剛さんが今こだわっているのは、模様替えです。気に行ったら大阪まで出かけます。23点くらいの家具を一気に買って帰ってくるほどです。

何もない部屋で良かった綾野さんが模様替えにこだわるようになるなんて、これも影響力なのでしょうか?

“人間が好きだ”と言った綾野剛さん、これからの活躍を楽しみです!

 

 

 

 

 

 

 

 

綾野剛が良くいくお店!めがねの専門店「オプティカルテーラー クレイドル」でサングラスを買う

4月23日(日)の「誰だって波乱爆笑」に綾野剛さんが出演しました。最近サングラスにハマっている綾野剛さん行きつけのお店を紹介しました。

オプティカルテーラー クレイド

東京の青山にある「オプティカルテーラー クレイドル」は、めがねの専門店です。店内では、定番から個性的な商品まで約2000点を扱っています。

月に1度は訪れている綾野剛さんは、プライベートでも付き合のある溝端淳平さんへのプレゼントを探します。

サングラスへのこだわり

サングラスにどんなこだわりがあるのか?

 

サングラスを買い続けると自分の顔がよく分かってきます。作品によってはメガネをかけたりすることがあります。

そういうときに反応がしやすい!似合わない物も明確に分かるから、わざと似合わない物を選んで役が面白くなればいい!

 

見ることが好きなのか、買うと決めて行くのか?

買うと決めて行く、衝動買いはまずない!月に1回は来るお店では、ほとんど誕生日プレゼントのために来ている。

合っているかどうかが大切だから、毎回携帯で相手の顔を検索しながら選ぶ。店員さんと相談しながら選ぶ。

どんな人にプレゼントを贈るのか?

 

 

最近では3月に誕生日だった柳楽優弥です。

 

メガネの選びかた

 綾野剛さんは、目と目の間が少し離れています。溝端淳平さんは、目と目の間が詰まっています。ワンサイズ小さめのモノでも似合います。

サングラス用のカラーレンズは、メガネのフレームをつけてカラーレンズをはめて確認します。

溝端淳平さんは、薄い青のカラーレンズは色っぽくなります。濃い青のカラーレンズは精悍さがあります。

メガネ以外のこだわり

物欲がない綾野剛さんは、部屋には空気清浄機・テレビ・激安家具店のマット・ビーズクッションだけがありました。

テレビ台もテーブルもない、ご飯を食べるテーブルすらない生活をしていました。今はメガネ以外のこだわりはない。

綾野剛らしさとは

 

黒い服が多かったりするから、役で色んなカラーを付けたいから普段はなるべくシンプルにしたい! 

綾野剛オススメなサングラス

綾野剛さんがお気に入りが「BJクラシックコレクション」です。1本のフレームだけでストイックに作っているところが気に行っています。お値段25,920円からあります。

 「THOM BROWNE NEW YORK」は、軽くてしなやかなメガネです。お値段72,360円です。

子育てを考えさせられた!「お母さん、娘をやめてもいいですか?」

“子育てはいつだって難しい”そんなことを考えさせられたドラマだった。

2017年1月13日からスタートした、NHKドラマ「お母さん、娘をやめてもいいですか?」

全8回の井上由美子さんが脚本のドラマです。7回を見たときに、来週が最終回ってどんな風に終わるんだろう?

ワクワク感が止まりませんでした。娘は自分の幸せを母親のために犠牲に出来るのか?

 

ドラマといえども現実にも起こりうる作品です。子どもが大きくなると母親からは離れて行きます。

 

それが嬉しい気持ちと寂しい気持ちの二つが生まれます。私にもありました、どうにもできない寂しさの方が買ってしまうように思います。

親も娘もやめられない!

実際には親も子どももやめることはできない!血のつながりを切ることはできないのだ。

ご主人が仕事で忙しくて自分のことを相手にしてくれない、その分だけ子どもに向いて行きます。

それが当たり前のように歩いてきた子どもは、どんどん親にも依存してゆく。

 

母と娘は一卵性のような存在になってしまうのだと思う。子どもは親を絶対に嫌いにはなれない!親も子どもの事を嫌いにはなれない!

 

落としどころはあるのか?

 

母親が自立することである。簡単なことではないが、親子はずっと一緒にはいられない!いつかは離れる時がくるからです。

 

自分の世界を早いうちに見つけることが大切です。自由になった分だけ、自分のために時間を使う方向にいけると上手くいくように思う。

 

子育ては、いつか終わる

ドラマを見るときは、内容と登場人物が大切です。このドラマは、脚本が井上由美子さんというのでも惹かれました。

 

「お母さん、娘をやめてもいいですか?」タイトルにひかれて見始めました。登場人物も早瀬美月(波留)・早瀬顕子(斉藤由貴)という主演を張るふたりです。

 

NHKのドラマは、面白いと回りでも見ている人が多い。本当にがんばっていると思う。

 

親に捨てられた松島太一(柳楽優弥)が恋人役で登場します。“親がいなくたって生きて行ける、自分がそうだったから”そう教えてくれる。

 

子育てはいつかわ終わります。それがいつのタイミングなのか?覚悟をして子育てをすることが大切なのかも知れない!

それぞれの問題もいつか終わる

早瀬美月は高校の教師です。家庭に問題のある生徒に近づきすぎてトラブルになってしまう。

 

親との関係が上手くいかなくて、自立するために家を出て行きます。お互いの居心地の良い場所を見つけた方が幸せになれる。

 

それは、親子に限った話ではなくて、友人でも恋人でも同じだと思います。

 

問題があっても解決しないことは絶対にない!徹底的に話し合うことで溝は埋められると思います。

 子育てに悩んでいる人に、大きなメッセージを贈ったドラマでした! 

 

 

大事に大事に育ててきたのに、離れた方が喜ばれる。母親なんてバカバカしいものね。もうやーめた。みっちゃんが娘をやめる前にママがママをやめるわ!

 

 

ママずるい!

 

 何とも言えないラストシーンでした。

信長協奏曲で見た!タイムスリップものはラストシーンが切ない小栗旬の魅力とは

戦国時代に活躍した人といえば、織田信長豊臣秀吉徳川家康と名前がづらづらと並んでくる。

 

 織田信長に対するイメージは、“泣かぬなら殺してしまおうホトトギス”であるように残虐性が浮かんでくる。

 

 それなのに織田信長を描いた作品が多いのは、彼が残した功績もたくさんあるからなのかもしれない。

織田信長小栗旬が演じる理由

小栗旬が主演の「信長協奏曲」も、そのひとつです。テレビドラマ化されたときは、いろいろ言われてきた作品です。

 

それは、最後が映画でしめられたからだ。ドラマで中途半端にして、映画は翌年の5月に公開する。どこまで引っ張るんじゃい!

 

私でも思ったことです。だから私は映画館には行かなかった。見たい気持ちはたくさんあったけれど、物語の作りに無理があると思ったからです。

 

明智光秀が本当の織田信長という設定には、無理があるのではないか?初めから違和感があった。

 

タイムスリップものだから無理があるのは当然と言えば当然なのかも知れない!でも、ちょっとハチャメチャな感じもあった。

 

めちゃめちゃ明るいサブローと残虐性のある織田信長小栗旬でなければ演じられなかったかも知れない。

映画「信長協奏曲」地上波初登場

 2017年1月16日(月)に映画が地上波で放送された。私は、この映画を録画したまま何度も見てしまった。

 

ラストシーンでは、号泣してしまった。戦国時代に自分がタイムスリップした気分で助けに行きたい!そんな気持ちにもなってしまうほどに感動してしまった。

 

ドラマを見てがっかりした人はいると思う。でも映画は、本当に良く出来ていると思う。まだ見ていない人、見た方がいいと思います。

 

小栗旬さん演じる織田信長は、優しく良い人仲間を大切にして自害など許さない!“生きて欲しい”と願う人です。

 

 戦国時代では、こんなに良い人は存在しないように思う。でも、民のために活躍した事実も残っている。

 

 この時代に活躍した人で殺されてしまう人って、先見性を持つがゆえに抹殺されてしまうのだろう。

ドラマと映画の完成度

 ドラマでは、タイムスリップして戦国時代にきたサブローが織田信長と顔がそっくりで身代わりになるところからスタートする。

 

歴史の通りに物語は進んでゆく。豊臣秀吉になりすました山田孝之が復讐をするというのがキモである。

 

 映画では、未来に逆らって帰蝶と一緒に生きたいと願うも叶わない!歴史を変えることは出来ないのです。

 

 戦国時代を生きる男たちを“死ぬ”と分かっていても見送らなくてはならない女心とは、どれだけのもんだろう。

 

 切ないラストシーンが忘れられない!まだ見ていない人、絶対に見た方がいい!それぐらいハマった「信長協奏曲」でした。

 

救命救急24時でみた!リアル過ぎる東京直下地震の怖さ

フジテレビの月9ドラマが視聴率的に惨敗をしています。最初っから見ているから、つまらなくても何とくズルズルと見てしまう人も多いと思います。

 

昔のドラマの方が熱く、出演者の演技が光っていたように思うのは、私だけだろうか?

 

フジテレビでは、「救命救急24時」が夕方から放送されています。1999年から始まったシリーズの第3シリーズの放送がされていました。

 

首都直下地震が起こった東京が舞台で、災害医療に奮闘する救命医療チームの苦悩と活躍を描いた作品です。

 

あまりにもリアルで東京に直下型の地震が起こったら、どれだけの被害が出るのだろう?真剣に考えてしまうドラマです。

 

ドラマの主人公は、進藤 一生(江口洋介)と小島楓(松嶋菜々子)です。第1シリーズから平均視聴率20.3%という数字を出している作品です。

 

2005年にドラマが放送されていた頃に、毎週楽しみにしていたのを思い出しながら再放送を見ていました。

 

意外な人が登場している!何だか擦れまくっている研修医の弟役の小栗旬さんとあまりセリフがないナース役の尾野真千子さんです。

 

今でこそ主演で登場するお二人ですが、脇役と言う感じです。

 

毎日のように地震は、どこかで起きている気がする。ドラマを見て東日本大震災を思い出してしまう。もうすぐ6年がたちます。

 

毎日を普通に暮らせることがどれほど幸せなことなのか、日々の暮らしの温かさを考えさせられるドラマって、あまりないと思います。

 

昔のドラマって本当に面白かった。医療系のドラマって、たくさんあるけど救命救急24時の第3シリーズは登場人物も良かった気がする。

 

医局長役の香川照之さんと政治家役の中村トオルさんも輝いていました。実際には熱い政治家なんていないのだろうけれど、もしいたらいいのに・・・

 

そんな現実離れしている部分もドラマの見どころだったりしまう。

 

3月6日から救命救急24時の第4シリーズ再放送がスタートします。

 

こんなサイトを見つけたよ➡2005冬 救命病棟24 3