うさぎの日記

テレビドラマや映画の感想やネタバレ、芸能人の行きつけのお店を紹介するブログです!

ドラマ【セシルのもくろみ】第6話あらすじと感想!インスタグラムの罠それでも夢は絶対に諦めない

f:id:dreams3359:20170714201155j:plain

普通の主婦だった宮地奈央は、読者モデルとしてスカウトされる。ドラマ「セシルのもくろみ」は、惣菜屋で働く主婦がモデルとして輝いていく物語だ。

第6話は、「ついに変身!美しくなった私…第二章へ」です。

見逃してしまった方はコチラから⇒まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

専属モデル 宮地奈央

ヴァニティは、部数を伸ばすために新たな企画を練っていた。それは、宮路奈央を専属モデルとすることだった。

“宮路が着れるなら私でも着れる”、そんな読者の共感を集めることが宮路にはできる。黒沢は宮路にかけてみることを推す。

江里は、宮路をプロのモデルとして特訓することにする。まるでダメなモデルに悪戦苦闘する。

フェローにの企画

 

江里が書いた「フェローニの企画」が通った。ブランドの日本上陸50年を記念した3誌限定のタイアップ企画。その1誌にヴァニティが選ばれたのだ。

今季のブランドのコンセプトは「ジェンダーレス」。ヴァニティとして宮路が推薦された。

フェローニは、フェミニンなイメージが強かった。今季からはデザイナーを変えて歴史あるブランドが大きくイメージを変えようとしていた。

 

まだ色がついていない、無名のモデルを起用したいと。こんなチャンス逃す手はないと思うけど。

 

黒沢は、目の前にあるチャンスをつかんで離すなと言わんばかりだった。宮地の運命は描いてもいない方向へと進んでゆく。

モデルになるならトップを目指せ!

 

江里は奈央の家に行く。そこへハマユカが訪ねてきた。モデルとしての在り方を教えてもらえるように頼んでいたのだ。

モデルの一番大事なことは、商品をちゃんと見せること。後ろから振り返って回ってみせる。歩いているように見せる。

写真の中で見せる姿は、頭で忘れても体が覚えているようにする。ハマユカの教えは分かりやすかった。

ハマユカは、フェローニのモデルに始めてなった日本人だった。

フェローニのチーフマネージャーとの顔合わせがあった。何色にも染まっていない、フェローニの商品すら持っていない宮路に興味を持たれたのだった。

プロモデル 宮地奈央が誕生!

フェローニの撮影が始まった。奈央は怖かった、自分にできるだろうか?江里も心配だった。

 

怖い?怖いのは当たり前、その怖さを抱えながら進んでゆくしかないんだよ。みんな同じだからハマユカも江里も。

怖いから挑むし、挑むからその先に行ける。大丈夫、自信をもって宮路はキレイだから。

 

 奈央はモデルとして撮影に挑む。フェローニから注文が入った。

柔らかい表情も貰える?

この注文に宮地は見事に答えた。優しいお母さんのような笑顔だった。

 

フェローニってさ、奥さんのために服を作り始めたんだよね。そんな風に自分の奥さんに服を作ろうって思うなんてすごいなーって思った。

それを貰った奥さんもすごい幸せだろうなって思った。

私も自分の大切な家族のご飯食べてるところとか、笑顔とか思い浮かべながらカメラの前に立った。

奈央にとって何よりも家族が大切だった。

インスタグラム

奈央の活躍を面白く思っていない手島レイナは、奈央のインスタグラムを使ってイメージダウンを狙う。

スタッフのバッグについているフェローニのスカーフ。デザインが古くてダサいのに、なんであんな高い値段で買う人がいるのか、正直全然わからない。

フェローニをバッシングする内容を奈央が送ったかのように書いたのだ。広告を一切出さないという大事になってしまう。

南条と黒沢が謝りに行ってことは収まった。しかし、ヴァニティから江里を外すことが条件だった。

 

他の仕事を探した方がいいかも知れないわね。

 

フェローニは江里にとって特別な存在だった。フェローニと一緒に仕事をするのが目標のひとつ、その夢が叶いそうだった矢先のことだった。

 

私のせいにすれば良かったじゃん。 

そんなこと、皆がどんな思いで宮路を専属にしたと思ってんの。 

逃げるなよ。フェローニが好きなんでしょ、だから傷ついてんでしょ。このまま一生フェローニに誤解されたままで言いわけ?

私はね、この写真に江里がどんな文章を書くのか楽しみに待ってたんだよ。

 

おばあちゃんがさ、すっごいオシャレな人で私いつも会うの楽しみにしてたんだ。

私の二十歳のお祝いに大事にしてたフェローニのポシェットを譲ってくれたんだ。それから最初のボーナスで財布を買ったんだ。

 

 

江里が一番欲しかったのは、おばあちゃんのスカーフだった。企画を任されたことにも喜んでくれていた。

奈央のためにも江里は記事を書くことに決める。ハマユカと黒沢は、フェローニに江里の書いた記事を持ち込む。

そして、江里の記事はヴァニティに載ることになった。

奈央はハマユカに会う。

 あのね私決めたの。ヴァニティを卒業する。

 それは、衝撃的な言葉だった。

見逃してしまった方はコチラから⇒まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

entame-news.hatenablog.com

【ごめん、愛してる】第5話のあらすじと視聴率!律の欲しかったモノは麗子の子守歌のようなピアノだった

f:id:dreams3359:20170719080303j:plain

 

日曜劇場「ごめん、愛してる」は、韓国で大ブレイクしたドラマだ。頭に銃弾が残っている律は、あと3ヵ月の命と宣告されている。

第5話は、「運命の第2章! 報われぬ想い...母がくれた唯一の宝物」が放送された。気になる視聴率は9.4%だった。

サトルのプロポーズ

律は、1日1回いいことをする。そして家族と旨いメシを食べることに決めた。律にとっての家族とは、若菜・サカナ・凛華だった。

サトルは、凛華が側にいなくなってからの初めてのコンサートに出ていた。凛華はその様子を見に行っていた。

若菜のホットドック屋がチンピラに潰される。凛華は、若菜の仕事がなくなることを心配する。

サトルは、塔子にプロポーズをする。

いいわよ。結婚してあげる。

そう言って塔子は、電話を切ってしまう。塔子は、色んな女と浮気をして母親を追い出した父親を恨んでいた。

サトルは、婚約パーティーを開きたいを言い出す。

麗子のピアノは子守歌  

律は麗子のピアノを聞いている。まるで子守歌のようで懐かしく聞こえてしまうのだ。

凛華は、たまたまサトルのサイン会に出くわす。サトルは、またウチで働けばと言い出す。久しぶりに会うサトルは何も変わっていなかった。

 

凛華は、ずっと僕の側にいるんだと思ってた。凛華が離れて、ひとりぼっちになるなんて。 

 ひとりぼっちじゃないじゃん。塔子さんがいるじゃん。 

 うん。 

結婚するの? 

うん。 

おめでとう。 

ありがとう。凛華はうつむいて聞くのだった。

凛華はサトルに若菜の仕事をお願いするのだった。そこへ凛華の父親・恒夫が来る。アメリカに行っているはずの凛華が日本にいたことに驚く。

この指輪、ウチにあるのと同じ。

リュウくんが同じようなモノを持っていましたね。韓国の彼女にプレゼントされたとか。

リュウくんじゃないよ。律だよ。岡崎律。

恒夫は、リュウと名乗った男があの時捨てた子供だと確信した。

律の大切な指輪 

若菜は、日向家で働き始めてた。ある日、麗子はパーティーに来て行く服を選んで欲しいと凛華を呼び出す。

ドレスに合うアクセサリーが無くなる。それは若菜のせいだと言い出す麗子だった。そこへ律が戻ってくる。

 

人を見た目で決めつける奴は、脳みそが足んねーんだ。俺たちだってな、普通にちゃんと生きてんだ。もう少し頭使って、モノ考えらんねーのかあんたは。

 

 

 律は若菜を連れて帰ってしまう。若菜は仕事を失ってしまう。

指輪は、麗子のピアノ部屋で見つかる。

麗子が左手だけで弾くピアノが苦しそうだった。律には、それが切なかった。

 

私も昔はよく、見た目で損したわ。お金がなくて、いつも同じ服着てたから。

奨学金貰ってパリに行ってた子の中でアルバイトしてたの私だけだったわ。

教室の中でモノが無くなると、東洋人で粗末な服着てる私が真っ先に疑われたわ。

若い頃、人にされてあんなに嫌だったこと、年取ってから人にするなんて醜いわよね。でも、

ピアノだけは私の支えだった。ピアノを失って、サトルだけが私の支えだった。そのサトルも私から離れてゆく。

あの子、私を捨てることが後ろめたいのか、もう一度ピアノを弾けって言うの。勝手よね。

 

 

 ピアノのことはよく分かんねーけど、あんたのピアノを聞いてると子守歌を聞いてるような気分だ。

あんたのピアノは、あいつにとっての子守歌なんだ。いくつになっても懐かしい、聞きたくなる。

母親ならただ弾いてやればいいじゃないですか、何も考えずに。

 婚約パーティーで麗子は左手だけでピアノを弾く。その穏やかな音色に会場から拍手が沸き起こる。

律の思いと凛華の気持ち 

婚約パーティーが終わった会場で、律と凛華は二人きりになる。何だか元気がない律は、凛華に元気が欲しいと言い出す。 

抱きしめてくれ。 

分かったよチャン。

律と麗子は抱きあう。

 

 

俺の名前はチャンじゃない。親からもらった律って名前があんだ。案外気にいってだ。

 

 

 

分かったよ、律。いい子、いい子。その姿をサトルが見つめていた。

 

翌日、サトルの婚約パーティーが記事になった。麗子に隠し子がいることも記事になってしまう。

見逃した方はコチラから⇒<まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

entame-news.hatenablog.com

朝ドラ【ひよっこ】第118話のあらすじと視聴率!由香にとってのヤスハルの存在は何?イラつくみね子だった

f:id:dreams3359:20170819104655j:plain

NHK連続ドラマ「ひよっこ」、みね子は美代子からの手紙を読んだ。実の様子を知って“お父ちゃん、みね子は大丈夫だよ”そう呟いた。そこに由香が現れる。

第118話は、みね子の前に由香が現れる。“話がある”そう言った由香はイラついていたた。

朝ドラ「ひよっこ」第118話 視聴率

 

 第18週「さて、問題です」第118話が8月17日木曜日に放送されました。気になる視聴率は21.4%でした。

第118話 あらすじ(8/17放送)

みね子(有村架純)の前に突然現れた由香(島崎遥香)は、“話がある”と言いだす。由香は、みね子が働く「すずふり亭」のシェフ省吾の娘だった。

みね子と由香は、月時計に行く。由香はヤスハルから、みね子の事情を聞いて心配していたのだ。

由香は島谷のことを話し出す。みね子は触れて欲しくない話題だった。

 

聞いたよ。私が思ってたのと逆だったんだね。つまり、男の方が家の方を選んで、あんたがめそめそって話かと思ったんだけど。

男は家を捨てるって言ったんでしょ。で、あんたが断った。

 

それもヤスハルさんから聞いたんですか?

 

月時計まで来たヤスハルは、入ることが出来なかった。

時子(佐久間由衣)は、早苗(シシド・カフカ)に会うとホッとしていた。“飲みに行きましょう”と時子が早苗を誘う。

喫茶店で島谷親子と出くわした由香は、島谷の縁談の話を聞いてしまう。その話をみね子に伝えたいた。

由香は、島谷との行方を自分に知らせないのは何故だと言うのだ。みね子は、由香の居場所を知らないから伝えようがないと言い出す。

そこへ時子と早苗が入ってくる。時子は由香に良いイメージを持っていない。それは、鈴子と省吾にお使いを頼まれた時のことだった。

由香は、みね子に食べたモノを支払わせていたのだ。

すずふり亭のお嬢さんだよね

 

すずふり亭のってことは、例の食い逃げ娘?

 

 

そうです。

 

 

払ったでしょ。鈴子さんがどうせ。

 

 

はぁ、それはおかしいと思いますけど。

 

 

分かってるわよ。あれからしてないでしょ。ヤスハルに怒られたからね。

 

 

何ですか?ヤスハル、ヤスハルって、いい人なんだけど何か腹立つヤスハル。

 

それぞれに話がある3人を早苗がまとめる。議題は3つに絞られた。

1、時子がぶちまけたらスッキリする程度の問題

2.みね子の島谷問題

3.由香の生き方問題

早苗の棘のある言い方に由香はいらつく。でも、早苗は“私の体は棘でできてるの”そう言い放った。

時子は怒りをぶちまける。それは、劇団に時代劇の撮影の依頼があった。時子は町娘の役を演じることになったのだ。しかし、時子の身長が高すぎた。

 

おい、江戸時代にこんなでかい町娘いるわけないだろ。

 

監督にそう言われて、時子だけ帰されてしまう。時子は、小さくて可愛らしい町娘役は出来なかったのだ。

あかね荘にいた愛子の部屋をノックする音が聞こえる。いったい誰れなのか?

第117話 感想(8/16放送) 

 

 

entame-news.hatenablog.com

 

朝ドラ【ひよっこ】第117話のあらすじと視聴率!本当のことを知った実は涙がとまらない

 

f:id:dreams3359:20170818222733j:plain

NHK連続ドラマ「ひよっこ」、実が奥茨城に帰って1ヵ月がたった。畑仕事も様になってきていた。

 

第117話は、奥茨城では実と家族が幸せな時間を取り戻していた。ジャガイモの煮っころがしは、実の大好物だった。

 

朝ドラ「ひよっこ」第117話 視聴率

 

 第18週「さて、問題です」第117話が8月16日水曜日に放送されました。気になる視聴率は20.9%でした。

第117話 あらすじ(8/16放送)

美代子は、東京に戻ったみね子に手紙を書く。実が一生懸命に元の自分に戻ろうとしている。その報告をしたのだ。

実は、寝ているときに酷くうなされることがある。その顔は、とても悲しそうで見ているのが辛くなるほどだった。

谷田部家に綿引が訪ねてくる。綿引は、ずっと探していた実に会えたことに喜んでいた。

何も覚えていない実に綿引は、霞が関の現場の話をする。実は自分のことをもっと知りたいと思う。

 

私がいなぐなってからのごと、詳しく教えでくんねぇがな。父ちゃんや美代子やちよ子に進、みね子に何があったのが。

ちゃんと知りてえんです。

美代子は、実に送った郵便が全部戻ってきたことから話す。稲刈りが終わって実が東京に戻った、そのすぐ後のことだった。

 

心配になって、お父さんと相談して私がひとりで東京に行くことにしました。

でも、宿泊所に行っても、実さんがお世話になっていた建設会社に行っても、もう何日も実さん来てねぇって言われてしまって。

どこさ行ちゃったが分かんねぇ、言われて。

 

 まったく手がかりがなかったこと、みね子が東京に行って働きながら父親を見つけると言ってくれたこと。美代子は、全て話した。

実は、ひとりになったとき泣いてしまう。それは大切な家族に心配をかけたこと、悲しい思いをさせてしまったことが苦しいのだ。

 

東京さ行くてがらのみね子のことは、みね子がいつか自分で話してあげて下さい。お父ちゃんは、ちゃんと知りたいんだと思います。

 

実は覚えていないことが悔しく苦しい。それは、誰にもどうにもできないことだった。

第117話 感想(8/16放送) 

 

entame-news.hatenablog.com

 

【ウチの夫は仕事ができない】第5話あらすじと視聴率!気持ちはちゃんと伝えること、きっと分かってくれる

f:id:dreams3359:20170718165446j:plain

錦戸亮が主演を務める「ウチの夫は仕事ができない」は、日本テレビで土曜22時から放送されている。

第5話は、「夫VS最強上司モジモジ男の心の叫び、ついにデキる男に?」が放送された。気になる視聴率は8.0%でした。

コトブキ茜堂のイベント

司の会社では、文房具のコトブキ茜堂の万年筆のイベントを手がけることになった。司は街の声を拾うことになる。

コピー用紙がなくなり庶務課に取りに行く。庶務課の恩田と土方は、別居はしているが夫婦だった。司は何も知らなかった。

沙也加は、家のドアが開いていることに驚く。司の姉がカギを持っていたのだ。家には、あかりも留守の間にいた。

司が姉にカギを渡したと疑う。沙也加は、スパイスの匂いに気持ちが悪くなってしまう。部屋には姉の荷物が増えていた。

みどりが合鍵で勝手に家に入る 

みどりは、自転車の中にカレーをのせていた。DVDを借りに行くがレンタル中だった。そこで自転車を倒されてしまう。

カレーごと自転車を倒しされてしまう。何とそれは田所だった。自分の足にカレーがかかってしまったことにイラつく。

司はカギのことを何も知らなかった。姉はスペアキーを勝手に持っていったのだ。

 

私は、お姉さんが嫌とか、そんいうんじゃ本当ないの。スパイスの匂いで私つわり起こしちゃうし、お部屋の雰囲気もどんどん変わってきちゃうし。

でも、一番は赤ちゃんが生まれるまで二人の時間をもっと大切にしたいの。

 

 

そうだよね。僕もそう思う。姉ちゃんにちゃんと言うわ。

 

そこにみどりが帰ってくる。みどりは合鍵を持っていた。みどりは沙也加が持っていってもいいと言ったという。

土方の弱さ、恩田の浮気

 

司は、街の声を拾いに行く。万年筆を使う人は減っている。今はメールで何でも済むというのだ。

スポンサーは、万年筆を売りたいのだ。でも、司は思うように良いコメントが取れ

ない。土方には、そんなんじゃない方がいいと言われてしまう。

エレベーターの中で司と土方が一緒になる。そこに恩田が乗ってくる。恩田は、司を誘って飲みにゆく。

 

仕事を全うするのはいいよ。でも、そればっかりに囚われると人の気持ちって見えなくなるじゃない。それをわかってないのがあいつの弱点。

おかしいことをおかしいと言ってくれる人もいない。部下はみんなイエスマンだしね。それが、あいつの一番の不幸。

 

 恩田は、仕事人間の土方に寂しさを感じていた。そして、浮気をしたのだ。別居の原因は、恩田にあったのだった。

万年筆は若者をターゲットに

人気演歌歌手・松丸清吾がイベントに参加してくれることになる。それは、土方の説得によるものだった。

司は、街のインタビューで万年筆が若者に支持されていることを知る。土方は、クライアントの意向のために変えられないと言う。

コトブキ茜堂100周年のイベント企画のプレゼンがあった。“あの頃のまま、書ける”をテーマにしていた。60歳以上の人をターゲットにする。

司はインタビューの時に会長に会っていた。会長は、司に1万円札を落としたときのことを覚えていた。正直に自分ではないと言った言葉が残っていたのだ。

 

 君はどう思う?正直者の君のね。ほら、1万円。偉くなると誰もイエスしか言ってくれないんだよ。

 

私だって正解は分からない。間違っているかも知れない。でも、誰も教えてくれないからね。

君の意見が聞きたい。正直者の君の意見を私に聞かせて欲しい。

 

 

私は、若者をターゲットにしたらどうかと思います。最近、少しずつですが若者の間で万年筆が流行り始めているらしいです。

消せるペンや色が変わるペンなど便利なモノが増えている今だからこそ、わざわざインクを補充しなきゃいけない。

そんなちょっと面倒なことが新鮮らしいです。キャッチコピーは、こんなのは如何でしょうか?

“末永くよろしくお願いします。何年も何十年も私と一緒に、歩んでください。”

 

 それは、沙也加が中学生の時に初めてもらった万年筆へのメッセージだった。

イベントは大学の売店や図書館など、本当に必要な人のために開いたらどうかと提案する。司の意見は通った。本当に必要な人のために。

貪欲じゃない奴は強い!

 

土方は、まさか司にひっくり返されるとは思わなかった。

 

嫌だね。仕事の出来ないやつは。上司に認められたいとか、そんな気持ちこれっぽっちも持ってないだものな。強いよな。

 

 

仕事ばかりの人生をくだらないとは言わないけどさ。もっと大事なことってあるんだよ。

 

 そこへ沙也加がやってくる。恩田は挨拶をする。

 

妻から見たらきっと頼りないとこもあるでしょ。でも、メッチャいい子、メッチャいい奴、私大好き。

 

 沙也加は、司をそんな風に言ってくれる人がいることが嬉しかった。

家に戻るとみどりが新しい彼氏と同棲すると言う。ケバブ―との傷を癒してくれたのは、沙也加の笑顔だった。

 

あなたの笑顔に救われた。本当にありがとう。

 

ウチの夫は仕事ができない、でも愛に溢れた人だ。

 

見逃した人はコチラから⇒<huluで見放題! 

entame-news.hatenablog.com

【黒川の手帖】第3話あらすじと視聴率!元子は銀座で一番のママになる、それはお金に勝つことを意味していた

f:id:dreams3359:20170816172022j:plain

松本清張の名作「黒川の手帖」は、武井咲が主演で放送されている。元銀行員の原口元子は、銀行のお金を横領して銀座にお店を持った。

それは、決して表には出せない銀行が脱税に加担したお金だった。元子は、巧妙な手口で手にしていた。

第3話は、「悪女炎上次の獲物は3億円!!」です。

勝つためなら手段は選ばない

 

元子(武井咲)は一緒に銀行に勤めていた波子に裏切られる。波子(仲里依紗)は、楢林をスポンサーにして銀座にお店を持とうと計画する。

しかし、元子の黒川の手帖によって波子に渡るはずの5000万円が消える。元子の手に渡ったのだ。

逆上する波子は、カルネに押し掛ける。しかし、追い出されてしまう。

上星ゼミナールの理事長・橋田常雄(高嶋政伸)は、カルネのママにぞっこんである。狙った獲物は逃がさない目をしている。

銀行で何があったのか?

 

元子は、楢林クリニックの看護師・中岡にエステを開くように勧める。楢林から奪い取ったお金で運営しようというのだ。

中岡の裏帳簿があったから楢林からお金を奪うことが出来たのだ。楢林と中岡は、脱税の共犯である。エステ経営にあまり乗り気でない中岡は、まだ楢林に未練があった。

波子は、東林銀行の上司に会う。何があったのか聞き出そうとしていた。またしても女を使おうとしていた。

東林銀行の村井は、異動になっていた。しかし、波子には何も答える気はなかった。

安島の政治家への思い

 

安島の両親はダムの建設作業員だった。ある日、ダムの作業中に事故に巻き込まれて死んでしまった。

政権が交代したため、ダムの建設は中止になる。安島の両親は、何のために死んだのか夜も眠れない日々を過ごした。

弱いものの味方になりたいと政治家を目指したのだった。元子には、その悔しさが何となく分かったのだ。

お金が全て 

元子のところに村井がやってくる。お金を貸してほしいと言うのだ。

 

ことを公にしたら全て失うのはお互い様でしょ。

銀行の出世コースから外れたって、一般なサラリーマンよりずっといいお給料もらえているはず、贅沢は敵ですよ。

 

 後援会の息子が警察に呼ばれた。安島は尻拭いをするために八王子まで出かける。態度が大きな息子の頭に水をかける。

その日の夜、元子は村井と波子に刺される夢を見る。そして、東林銀行時代の支店長が死んだ。

お金に勝ちたい!

中岡市子は、楢林から奪い取ったお金を返しに来る。エステの経営はしないと言い出す。

楢林と過ごした時間をけがしたくなかったのだ。

 

本当の幸せは、金や物を手にすることじゃない。私には、あなたが本当の女の幸せを知らない可哀そうな女にしか見えない。

あなたには、本当の女の幸せが分かってないのよ。

カルネにいた元子のところに村井がやってくる。支店長の葬儀の後に寄ったのだ。給料が減ったことへの腹いせにお店で暴れる。

そこへ安島がやってくる。安島は、選挙のために票を集めるためだけの結婚に嫌気がさしていた。

 

私は恋愛にも結婚にも興味がありません。

 

 

じゃあ、何に興味があるの?

 

 

私は、いつかこの銀座で一番大きなお店を持って、銀座で一番のママになりたいと思っています。

 

 

諦めなければ必ず叶うって、言ってくれたじゃないですか?

 

 

結局、人はいくら金を持っても欲しいもの全部手に入れても、幸せになれないんじゃないかな。

 

 

 

私は、お金に勝ちたいんです。誰よりたくさんお金を手にしてお金を支配したいんです。

 

 元子は、お金に取りつかれているかのようだった。それもまた、悲しい面を持っていた。

その頃、銀座で一番のクラブ「ルダン」が売りに出た。どうしても欲しいと思う元子だった。この次のターゲットに選ばれたのは、橋田だった。

 見逃した方はコチラから⇒動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

entame-news.hatenablog.com

ドラマ【セシルのもくろみ】第5話あらすじと感想!雑誌は読者に夢を与える、奈央はモデルを続けたかった

 

f:id:dreams3359:20170723134728j:plain

普通の主婦だった宮地奈央は、読者モデルとしてスカウトされる。ドラマ「セシルのもくろみ」は、惣菜屋で働く主婦がモデルとして輝いていく物語だ。

第5話は、「女の友情は永遠に!別れの時が来た」です。

見逃してしまった方はコチラから⇒まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

読者モデルを卒業

ヴァニティは、読者モデルの企画がなくなった。宮地の他の読者モデルも卒業という形をとることになる。

江里は、最後に総まとめとしてページが欲しいと言いだす。やっと企画が通ったのは、“寺での修行体験”だった。

雑誌の在り方

雑誌は、諸費者が楽しみにしている。その人たちの暮らしが豊かになるようになっている。でも江里は消費行動をあおっているのでは、と疑問を抱いていた。

 

使えないモノをいくつも買ってしまったり、忙しい時に何を着たらいいのか?時間を費やしたりしないで済む。

モデルさんを見てステキだと思ったり、真似したりすることもあるんじゃありませんか?

 

そんな風に考えると雑誌は、たくさんの人に必要とされているモノだと思える。ファッション関係にずっといる江里の気持ちは晴れて行った。

すべては読者のためにあるのだ。買わせているのではない、夢を与えているのだ。物事には、色んなとらえ方があるのだ。

モデル続けたかったな

お寺で奈央は、自分と向き合っていた。黒沢にモデルを続けて行けるのか?と聞かれた時に奈央は何も答えられなかった。

“続けたかったな”、今は確信に変わった。あの時に言い返していたら何かが変わっていたかも知れない。

江里は、最後のページに思いをかける。でも、形にはなっていない。黒沢の冷たい言葉が胸に刺さる。

 

モデルが言葉に出来ないことを、言葉で表現するのがあなたの仕事なんじゃない。

 

黒沢に宮地の思いを伝える。

 

宮路、続けたかったって言ってました。もし、あの時宮路が続けたいって言っていたら・・・

 

 

ちゃんと引き出せたのね。彼女の本心。

 

黒沢は、宮路の本心が知りたかったのだ。

寺修行でキレイを作る

奈央は自分では分からないことで変わっていた。今までの奈央と今までは否定していたことを認めている奈央もいた。

人としての広がりを回りは感じているのだ。価値観はひとつではない。心が豊かになったのだ。

ヴァニティの宮路改造計画、最後のページが埋められた。奈央も江里も離れることに寂しさを感じていた。

 

いいページだった。

 

 

元気でね。

 

 

あんたもな。

 

 

頑張れよ。

 

 

江里もな。

 

奈央は普通の主婦に戻って行く。家に戻ると、家族はケーキを用意してお祝いをしてくれた。

この5ヵ月間は、奈央にとってかけがえのないものになった。

ハマユカ、シングルマザーになる

奈央が読者モデルを辞めてから5ヵ月がたった。奈央の夫は、現場から総務に異動になってしまう。給料が減ってしまうのだ。

パートで働く奈央は、他にも仕事を探そうとしていた。

ハマユカの夫・和真(神尾佑)は、記者会見を開く。ハマユカと離婚することにしたのだ。

世間には、良き妻・良き母として売り出していたハマユカのイメージは地に落ちる。それも覚悟の決断だった。

ヴァニティの6月号には、謎の6ページが残されていた。それは、ハマユカのためのページだった。離婚発表はヴァニティ発売の前日だった。

そして、ページには“ハマユカ、シングルマザーになる”の文字が躍った。

宮路が復活する!

 

ハマユカに未来はないのか?後がまを狙うモデルはたくさんいる。そんな時に江里が黒沢に呼ばれる。

奈央は、ファミレスのパートを増やそうとしていた。そんなときに奈央の前に絵理が現れる。

 

 

宮路、迎えに来たよ。

 

 

 

奈央には、元読者モデルVS専属モデルの激しい争いが待ち受けている。

まとめ

モデルの世界は、体型を維持することだけでなく内面も磨かなくてはいけない。大変な世界である。でも、つかの間でもいい浸れた宮路は幸せである。

見逃してしまった方はコチラから⇒まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

entame-news.hatenablog.com